ブログとメールマガジン(以下、メルマガ)では、実はタイトルは同じでも、配信内容はだいぶ異なります。
そのため、メルマガでは「もっと深めたい人のための」というサブタイトルがついています。
では、具体的にどう違うのか説明しましょう。

1.ブログは、ストーリーから学ぶスタイル
ブログは、テレビドラマや映画などの「ストーリー」や、実際にあったことを中心に、それが「お金」と「やりがい」にどう結びついているのかをお伝えします。また、話題としてはメルマガよりも広く扱います。

2.メルマガは、理論や裏付けなどの解説から学ぶスタイル
メルマガは、スズキや専門書などの「理論や裏付け」を中心に、「お金」と「やりがい」の仕組みについて解説します。こちらは、ブログよりも話を絞り込む予定です。

ではなぜ、このようなふたつのスタイルをとったのでしょう。
それには、明確な理由があります。

私たちは、本やテレビから学ぶとき、2つの方法のどちらかで学んでいる

私たちは、本や映像(テレビなど)から何かを学ぶとき、次の2つの方法のどちらかで学んでいます。
それは、「ストーリーを中心に、そこから学ぶ」か、もしくは「理論や科学的裏付けなどの解説から学ぶ」という2つの方法です。
そしてそれ以外の方法は、選択できません。

では、どちらから学ぶ方が、より抵抗なく学べると思いますか?
答えは、「ストーリーを中心に、そこから学ぶ」方法の方が、多くの人にとって抵抗なく学べます。

「専門書はわかりにくいけれど、テレビで紹介されているものを見たら理解できた!」
「漫画を読んだら、簡単に理解できた!」

理解できた!

このような経験は、ほとんどの方があるのではないでしょうか。
イラストや写真、映像は、このような効果があるのです。
ではなぜ、イラストや映像だと簡単に理解できるのでしょう。
それは、私たちの脳がイメージ(五感情報)で記憶されているからなのです(活字で記憶しているのではない)。

ちなみにこれは、太古から使われている手法であったりします。
例えば、イエス・キリストは、一般の方々に対して、たとえ話(ストーリー)を多く用いました。
少し聖書に詳しい方でしたら、「からし種」のたとえ話など、ご存じかもしれませんね!

そして、自分の弟子たちには、たとえ話は用いませんでした。
これは、弟子にはたとえ話を用いる必要がなかったからです。
そして、むしろ弟子達には、たとえ話では遠回りだったからなんです。

私たちの学び方も、これと同じです。
入門は「ストーリー」から、そして、より深めるには「理論や裏付け」から学ぶと、より学びが深くなるのです。
そのようなことから、入り口となるブログは「ストーリー」。さらに学びを深めたい人のには、メルマガで「理論や裏付け」へと進めるようにしたわけです。

ちなみに、余談ですが、本や映像を用いずに学ぶ場合は、別の学び方もあります。
それは、「行動しながら覚える」、「イメージする」という方法です。

さらに余談ですが(笑)、私は「」という漫画が大好きでして、あの漫画の中に、まさに「行動しながら覚える」シーンがあるのです。

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダースより引用
©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会

主人公の空条承太郎が、野球ゲームの全くのド素人なのに、「なあーに 野球のルールは知っている・・・ゲーム操作はやりながらおぼえるぜ!」と、本当にやりながら覚えてしまうシーンがあるのですね。あれですよまさに!(マニアしかわからん(笑))

そして、「イメージする」というのは、心理療法やスポーツの世界(イメージトレーニング)でよく使う方法です。

長くなりましたが、私が何を言いたいのかというと、「ブログやメルマガで、『ストーリー』や『理論や裏付け』という視点から学び、その上で、『行動する』ことで身体で覚えさせて、『イメージする』ことで脳力をアップ(記憶を定着化)させましょう」ということです!

そのようなことから、ブログとメルマガ、両方お役立てください。

尚、メルマガへのご登録は、こちらから行えます。

※テレビドラマや映画は、主にHuluと、DTVを視聴したものを扱っております。そのため、必ずしも旬のドラマや映画とは限りません。

次に読んでいただきたい記事 ⇒ 恋愛、家族、趣味など、「仕事」との矛盾が生じやすいものを扱います

メインブログ(Wordpress)のトップページへ(「お金」と「やりがい」を繋げる潜在意識の使い方)

もっと、理論を深めたい方は、メルマガがおすすめです。

無料メルマガ もっと深めたい人のための「お金」と「やりがい」を繋げる潜在意識の使い方

 このブログは、Worepressで運営していますが、アメブロとも連動しています。
アメブロをご利用中の方は、下のボタンから「読者登録」ができますので、どうぞご利用ください。

アメブロへ「読者登録」する