数多くのカウンセラー、ヒーラー、コーチの中から、当ページをご覧いただき、ありがとうございます。
まずは、カウンセリングを受けていただく際に、必要となる情報をお送りします。

 

個人セッションとは? そのメリットは?

 

● 個人セッションは、知られたくない相談には、最適な選択です。

スズキケンジ

個人セッションは、心の悩み行動や症状の悩み、さらに
人間関係の悩み
など、それらの問題を解決するための場です。
他に参加者がいませんので、他の人に聞かれたくないような悩み相談もできます(相談者の同意で、ご家族などが参加する場合もあります)。

これに対して、グループ・カウンセリングは、参加者が多数になります。
そのため、その空間に癒しが生じるというメリットがあります。ですが、悩み相談の内容を、参加者に知られたくない人にとっては、デメリットとなります(但し、傍聴者として参加することも可能)。
他者に聞かれたくない悩み、あるいは、日程をご自分のペースで決めたい方は、個人セッション。
他者に共感してほしい悩みは、グループ・カウンセリングと使い分けると良いでしょう。

 

スズキケンジが行う問題解決法の特長

 

カウンセリング・スクール講師 だからこそできる カウンセリング があります。

 

● まずは大前提で、そのカウンセラーのカウンセリングが安全であるか。
 問題解決能力があるかどうかです。

カウンセラーの選び方として、多くの方はまず初めに、「どの悩みの専門カウンセラーなのか?」を気にされるようです。もちろんそれも切な要素なのですが、それ以前に、そのカウンセラーのカウンセリングが安全なのか。そして、問題解決能力があるかどうかを、まず初めに重視することを勧めます。
そこで、カウンセラーを選ぶ判断基準別のページ で用意させていただきました。
そして実際には、この 判断基準 の全てを満たすカウンセラーは、かなり少数です。

 

●スズキは、専門性という枠を超えたカウンセリングを行います。

最近では、「○○専門カウンセラー」という肩書きが増えてきました。
私も、「ADHD専門のカウンセラー」として活動しておりますが、実はそれ以外に、さまざまな悩み相談に応じることができます。
例えば、仕事関係の悩み夫婦関係などのパートナーシップ親子関係
不登校各種依存症アダルトチルドレンなどです。

なぜ、それが可能なのかと申しますと、まず私は現在、カウンセリング・スクールの講師、及び、カウンセラーやヒーラーを対象としたコンサルティングも行っています。
そのような中、さまざまな専門分野のカウンセラーへ、その専門分野(夫婦関係、親子関係、不登校等)で一流になるには、どのような知識や経験が必要なのかといったことも指導しているのです。
つまり、先生の先生というポジションで仕事をしているのです。
そしてそのようなことから、専門性という分野を超えて、悩み相談に応じることができるのです。

 

●3つの方向性から問題解決を試みます。

スズキの問題解決法の特長として、『幸福と成長のための3つの繋がり』というものがあります。

人の心の悩みは、次のどれかがうまくいっていないときに生じます。

○社会や人々との関係がうまくいっていない。

 『社会や人々との繋がり』が不健全。

○自分自身の行動や症状に悩まされている。

 『自分自身との繋がり』が不健全。
○自分自身の存在意義や人生の意味が見いだせない。

 『高い意識との繋がり』が不健全。

そして、多くの人は、上記 『3つの繋がり の内、どれかに意識が偏りすぎているがために、
行き詰まります。

例えば、専門家によっては次のようなアドバイスを伝えることがあります。
「まずは、ご自分を大切にすることです」
このアドバイスが有効なのは、自己犠牲型の人に対してです。

つまり、言い換えれば、ご自分のメリット中心で物事を考えることが当たり前になっている人にとっては、上記アドバイスは逆効果になることがあるということなのです。
そのため、3つの方向性から見ていくことが大切なのです。

 

相談者の多くは、3回程度のカウンセリングで問題解決しています。

 

●その秘密は、一度に複数の問題解決法を行うことと、観察力にあります。

例えば、来談者中心療法(クライアント中心療法)では、傾聴共感を重視します。
傾聴共感は、人が癒やされる課程においてとても大切です。
ですが、人は、癒やされるだけでは変化しません。そのため、傾聴共感だけですと、2~3年も通うことが多々あります。また、それだけの期間、カウンセリングに時間を必要としたら、仮に問題が解決したとしても、それはカウンセリングの効果によるものとはいえません。
また、催眠療法(ヒプノセラピー)を専門とされている方も、20回程度は見ている方が多いようです。
そうなると、3回という回数は、極端に少ないことがおわかりになるかと思います。
では、なぜ3回という少ない回数なのかと言いますと、1回のセッションで5~6種類もの心理療法を中心とした問題解決法を行うことと、私は観察力を重視しているからです。そしてその結果、その人にとって適切なセッションの見極めが早いとても早く、セッションの寄り道が極端に少なくなるからなのです。
とは申しましても、セッションがいい加減という意味ではありませんのでご安心ください。
そして、その点につきましては、カウンセラーを選ぶ基準 をご覧ください。

 

●それでも最低、3回は受けていただくことを勧めます。

心理療法は、潜在意識を書き換える手法も用いられるため、たった1回のセッションで、まるで魔法のように自分を変えてくれるのではという期待を持つ方もいます。
ですが、そのような過剰な期待感は逆効果です。
なぜならば、大切なのは「ご自分の能力で問題が解決した」という自信に繋がることだからです。そしてそれには、セッションをただ受けるだけでなく、日常でできる行動課題を実践していただくことが大切です。
また、課題を与えるだけでは、クライアント自身がどのように変化したのか。あるいは、全ての課題がクライアントに対して有効であったのかどうが、クライアント自身ではなかなか判断がつきません。
そのようなことから、2回目、3回目のセッションが必要となるのです。

 

お客様からご感想をいただいております

 

コシケン(コシミズケンタ)様 20代 男性 起業コンサルタント

●カウンセリングを受けた動機

心理カウセリングの手法を色々と学んでいましたが、技法がたくさんあるため、実際にどうやってクライアントの状況に合わせて使っているのかを知りたかったから。
先生が頭の中でどんな風に考えて数ある技法の中からを効果がありそうな技法を選択しているのかを知りたかったから。

 

●ご感想

実際にカウンセラーとしてレベルアップしていくためには、どのようにしていけばいいかが分かったことが収穫でした。おそらく自己流で技術を学んだだけで、レベルアップしてていこうとすると行き詰まると思います。

 

大多和由未乃 様 40代 女性 心理カウンセラー

カウンセラーとして仕事を始めた当初、好きな仕事で売上を上げることができれば幸せだと思っていました。ところが、個別セッションやセミナー開催をしていく中で売上は上がったものの、思っていたほどの充実感も満足感も感じられなかったのです。

そんな状況の中で、スズキ先生のカウンセリングを受けました。
好きな仕事で収入を得られれば幸せ!と思い込んでいた私には、セッションのでの気づきは驚きでした。
なぜなら、好きな仕事をして収入を得ることはあくまで手段で、そうすることで何を得たいのか本当に得たいものが明確になっていなかったということがわかったからです。

 

本当に欲しかったものもセッションの中で明確にすることできました。
それは自分好みのインテリアや雑貨に囲まれながら、ゆとりある時間の中で、家族とのコミュニケーションを楽しむ生活だったのです。
好きな仕事をしていて売上が上がっても、家事が後手に回ったり、集客のことが常に頭から離れず仕事に追われ、家族とのコミュニケーションもやはり二の次・・この状態では、幸福感を感じられないのも当然でした。

 

スズキ先生のセッションは終わってみるとほぼ毎回「そりゃそうだよな」って思います。そして、当たり前なことでもその当たり前に人は嘘みたいに気づかないことがある。それをスズキ先生のセッションを受けて学びました。

そして今では、実現したかったことを形にしていくことで、幸せを感じられる時間が増えて、何より支えてくれている家族に感謝の気持ちを持てるようになりました。仕事にただ追われて、無我夢中になる・・ということもありません。
これもスズキ先生のカウンセリングのおかげです。ありがとうございました。

 

M.O様 60代 女性 介護士

●カウンセリングを受けた動機

がんになり、生きているうちに子供の頃から悩まされている母との問題を解決したかった。

 

●ご感想

セッションが進み、もつれた糸をほどくように自分と母の位置関係や母の考えが明らかになった。
母はじつに巧妙に、私の斜め後ろの視界に入るかどうかの位置にいて、「黙って言うことを聞いてりゃいいんだ。」と。私は長年にわたり蛇に睨まれた蛙状態で動きが取れずにいた。
境界線を引くときに先生はとっさに、「(自分を守る守護的な存在を含めて)ぐるりと自分の周りを囲ってごらん」と。言われるままに自分を境界線で囲んだ。
先生に続いて、母に今までののお礼ともう自分には必要ない、さようならと言った。
すると不思議なことが起こった。境界線がどんどん成長し私を取り囲んだ。もはや母はどこからも私に手出し出来ない、入ってこれないのだと初めて感じた安心感。涙があふれてきた。
母と決別し、長年抱えた問題が解決した瞬間だった。
一流のカウンセラー及びカウンセリングがどういうものか体感した出来事だった。

 

●その後

母はその後もいろいろ仕掛けてきたが、絶対に手出し出来ないという確信と安心感の中で、落ち着いて口の中でモゴモゴと先生に教わった決別の言葉を呟いた。
これを繰り返して今では完全に母の呪縛?から解き放たれたのです。
ありがとうございました。

 

T.S様 女性

●カウンセリングを受けた動機

姉の夫婦問題にどう答えらたいいのか姉の気持ちがわからずに受けました。

 

●ご感想

姉の夫婦問題(夫の浮気)にどう答えらたいいのかわからずにカウンセリングを受けました。
心理療法セッションでは、私自身が、姉になりきってみる心理療法セッションをしていただきました。
今、姉夫婦が避けているコミュニケーションと必要なコミュニケーションを体を使って理解しました。
また、夫の気持ちも同時に理解できたように感じました。
今後どうしたら良い方に進むのかもあっという間に解決策を感じることができました。

 

●その後

あの後、姉夫婦は孫もでき今では姉は綺麗になった気がします。
本当にありがとうございました。

 

A.Y様 30代 女性 自営業

先生は観察眼が鋭く、クライアントのなかでまだ言語化できていないものに対して自発的に気づきを促すことがとても上手だと感じています。
わたしの望むカウンセリングは、他人に自分の問題を解決してもらうこと以上に、問題を自分で解決できるようになったりそもそも問題と感じない自分に成長できることを目指しているため、自己観察を促してくださるカウンセリングを求めている方にはぴったりだと思っています。
インスタントな快楽より根本的に魂が望んでいることに気づけるようなカウンセリングは素敵ですね。

 

『個人セッション』の詳細

 

セッションの方法

 

セッションの方法は、対面セッション電話セッションZoom(ビデオ通話)
からお選びいただけます。
尚、対面セッションは、神奈川県横須賀市船越町のスズキケンジのセッションルームにて行います。
スズキケンジの セッションルームへのアクセス は、こちら からご覧いただけます。

 

1回あたりのセッション時間は、120分です。

 

1回あたりのセッション時間は、120分 です。
これは、セッションをする上で、十分な時間です。
これ以上長くなりますと、相談者の集中力が続かず、話の精度が落ちやすいのです。
また、逆に短すぎると、慌ててお話することになってしまい、大切な話が抜け落ちてしまいます。
そのため、これくらいの時間配分が丁度よいのです。

 

お支払いは、まとめてのお支払いがお得です。

 

お支払いは、1回毎のお支払い か、もしくは、
3回5回まとめてのお支払い からお選びいただけます。

まとめてのお支払いの場合は、料金が割安となっております。
また、料金のお支払いは、原則、銀行振込にてお願いしております。
料金は、次の通りです。

 

対面セッションの料金
1回毎のお支払い 2万5千円 1回×120分  
3回分のまとめ払い 7万円 3回×120分 (5,000円分お得)
5回分のまとめ払い 10万円 5回×120分 (25,000円分お得)

 

Zoom(ビデオ通話)・電話セッションの料金
1回毎のお支払い 2万3千円 1回×120分  
3回分のまとめ払い 6万3千円 3回×120分 (6,000円分お得)
5回分のまとめ払い 9万3千円 5回×120分 (22,000円分お得)

 

上記の中で、例えば対面セッションの1回あたりの料金が、2万5千円ですので、一見して料金が割高に感じられるかもしれません。
なぜなら、この業界の平均の料金は、1万5千円から2万円だからです。
ですが、1回かたりのセッションで、5~6種類の心理療法を行うことと、3回程度の短期での問題解決ということを考慮すると、実際にはこの料金設定は、かなり割安であることがわかります。
(先ほども伝えた通り、来談者中心療法では、2年以上通うことがよくあります。また、催眠療法では20回程度、通うこともよくあります)
また、私は普段から、能力水準の高いカウンセラーへカウンセリングの指導をしています。
そしてそのことからも、この料金設定が格安であることがわかります。

 

お申し込み方法

 

下のボタン より、フォームへお進みいただき、必要事項をご記入ください。
その日の内か、遅くても2日程度で、スズキからご予約日時の確定メールをお送り致します。
そのメールが届きましたら、土日祝日を除いた3日以内に、指定の金融機関へお振り込みください。
(セッション日が直前の場合は、前日までにお振り込みください。それも間に合わないようでしたら、当日お支払いください)

 

個人セッションのお申し込み

 

キャンセル時の扱い

 

●1回毎のお支払いの場合

セッション日から3日前までのキャンセルにつきましては、100%のキャンセル料が掛かります。
4日以上前のキャンセルは、手数料の2000円を引いた金額を払い戻しさせていただきます。
尚、セッション日時の変更につきましては、原則、特に料金は掛かりません。

 

●まとめ払いの場合

まとめの全回数(3回もしくは5回)の内、まだ一度もセッションを受けていない場合に限り、最初のセッション日から4日以上前のキャンセルにつきましては、手数料の2,000円分を引いた金額を払い戻させていただきます。その他の場合につきましては、キャンセル料が100%掛かりますので、あらかじめご了承願います。
(電車の回数券は、一度利用すると払い戻しができないのと同じ仕組みです)
尚、まとめ払いをお申し込みの場合、有効期限はお申し込み日から1年間となりますので、あらかじめご了承願います。


セッションとセッションの間は、
どれくらいの日数をあければよいですか?

個人差がありますので、一概には言えませんが、3回程度のセッションであれば、間は1週間から2週間程度が望ましいといえます。

毎回行動課題を出すのですが、このくらいの間隔ですと、行動課題の効果がわかりやすいのです。また、間隔が長すぎると、仮に課題が適切でなかった場合、適切でないことを長期間行うことになってしまいますので、それは望ましくありません。
また、3回以降にセッションを受ける場合に関しましては、通常は2週間から1ヶ月くらい間を置きます。
理由は、3回以降ですと、課題がズレているということがほぼ無くなるからです。

 

カウンセリングの料金は、
カウンセラーの能力に比例して高くなるものなのですか?

もし仮に、それが本当であったとしたら、スズキのカウンセリング料金は、1回あたり5万円以上で丁度よいかなと思います。
なぜかと言いますと、私自身、普段から、かなり能力水準の高いカウンセラー対して、カウンセリングの技術指導をしているからです。
そして、現実的には、彼らの水準に達していない未熟なカウンセラーでも、1回あたり2万円、3万円といった料金設定になっていることは、よくあることです。そしてさらに、5万円という料金設定も見かけます。
このことから分かるのは、カウンセリングの料金と、カウンセラー自身の能力は、全くと言っていいほど無関係 であるということです。
そして事実、これはカウンセリング料金が1回あたり5万円のカウンセラーさんがおっしゃっていたことですが、「自分は儲け主義だから」とおっしゃっておりました。
それについて、私自身は良い悪いといった評価はしませんが、好きか嫌いかと問われれば、あまり好きではありません。
理由は、商品・サービスとして提供するものと、お客様が支払う料金がアンバランスでは、お客様との関係が、winwinな関係とは言えないと思うからです。
また私は、起業コンサルも行っています。
そして、コンサルさせていただく中で、
「なぜ、その料金設定なのかを、お客様が理解できる形で説明してください」
と質問することがあります。
なぜこの質問をするのかと言うと、お客様が得られるものを意識せず、ご自分の都合だけで料金を決めていることが多いからです。
そしてこれは、カウンセリングの料金だけではありません。
セミナー(講座)の料金も同じく、セミナー講師が何となく決めていることが多いのです。
あまり、心地の良い話ではないと思われましたか?
それでも、カウンセラーの腕の善し悪しに関係なく、料金だけが高いことについて、お客様にとってメリットが全くないわけではありません。
これは人にもよりますが、「これだけ高い料金を支払ったのだから、これは自分に効果がないわけがない!」という、プラシーボ効果(偽薬の暗示効果)が期待できるからです。
でも、それで納得できるかどうかは、あなた次第です。

 

困った行動をする人がいます。
無理矢理連れて行っても大丈夫でしょうか。

本人が相談を希望していない場合、その方法ではうまくいきません。

それよりも、その困った人とどのように付き合っていくべきなのかということが、カウンセリングのテーマとなりますので、その関係者の方がカウンセリングを受けた方が効果的です。

 

個人セッションのお申し込み

 


プロフィールスズキケンジ
心理療法家スズキケンジ

2005年から、心理カウンセラー、ヒーラー、カウンセリングスクール講師、
コンサルタントなど、さまざまな活動を行っております。
また、著書ココロの教科書(大和書房)は、海外も含め約5万部のベストセラーとなっております。

 

主な出版物

 

心理カウンセラーの活動としては、ADHDやアスペルガー症候群など、発達障害の当事者や関係者の悩みを数多く受けており、また、カウンセリングスクール講師が実践するカウンセリングということもあり、現役のカウンセラーの方々からも、学びの一環として、私のカウンセリングを受けていただいております。

また、とてもありがたいことに、カウンセラーや起業コンサルタントなどの同業者の方々からは、
「スズキさんのカウンセリングは、カウンセリングの領域を超えている」
「スズキさんのコンサルは、コンサルティングの領域を超えている」という評価を数多くいただいております。

そのようなことから、各専門分野の方々から相談を受けることも数多くあります。

今後も一層気持ちを引き締めて、皆様から喜んでいただけるサービスを提供してゆきたいと思います。