カウンセリング修練所

こちらは、一流カウンセラーへの登竜門『カウンセリング修練所』の臨時用ページです。

現在、サイトを大幅リニューアルしている関係上、臨時の処置として、カウンセリング修練所のページをこちらに用意させていただきました。

 

お問い合わせは、こちら

結局のところ、クライアントが100人いたら、100通りのセッションになる。

カウンセリング修練所は、『問題解決セラピスト養成講座』の修了生、及び、スズキからカウンセリングの技法を伝授された方向けの、さらに一歩進んだ学びの場です。

 

『問題解決セラピスト養成講座』では、さまざまな心の学びと、実際の流れを体験しました。
そして、講座の余り時間にフリーのセッション時間を用意しました。
そこで、みなさん既にうすうす(はっきり!?)感じたことは次のことではないですか?

 

「結局のところ、クライアントが100人いたら、100通りのセッションになるのでは!?」

 

そうなんです。実際には、100人いたら、100通りのセッションになるのです。
毎回内容が異なるために、どのようなセッションになるのか、予測不能だったかと思います。
そして、かの有名なミルトン・エリクソンも、周りが予測不能なセッションを行っていました。
それは、ひとりひとりの資質や目的に合わせたセッションを行っていたからです。

 

エリクソンは、次の言葉を残しています。
「私はその都度、その人に合わせた心理療法を開発するのです」

 

エリクソンは理論化を嫌い、体系化することを頑に拒んでいたと言われています。
それには、上記のような考え方があったからなのでしょう。

 

私自身、心理療法を学んだばかりの頃は、枠に収まったセッションを行っていました。
そして、その中で気づいたことがあります。

 

  1. 「1.何々、2.何々」といった丸暗記の内容で進めるセッションでは、行き詰まることが多い。
  2. 心理学に当てはめることよりも、観察できるかどうかが鍵である。
  3. 原理原則を応用するには、実際に見たり、体験する過程が必要である。

 

1.「1.何々、2何々」といった丸暗記の内容で進めるセッションは、行き詰まることが多い。

 

「1.何々、2.何々」というステップで覚えると、確実に覚えられるというメリットがあります。
そうした中、ステップ通りに実践しても、うまくいかないことがあります(実際に体験した方はわかりますよね?)
そのとき、私はこのように伝えました。

 

「うまくいかないというのは、ある意味良い学びです。
 実際のセッションでは、ステップの通りというわけにはいかないことがほとんどです」

 

2.心理学に当てはめることよりも、観察できるかどうかが鍵である。

 

心理学での分析は、意外なほど良く当ります。
ですが、実際にカウンセリングを行うと、この分析が当てはまらず、例外だらけなのです。
これについては、先ほど伝えた通り、エリクソンも「私はその都度、その人に合わせた心理療法を開発するのです」という言葉を残しています。
また、このことに気づいてもらうために、講座の中で、私が経験してきた中での数々の例外の事例もお伝えしてきました。
なぜ伝えたと思いますか? その答えは簡単です。
ほとんどの人は、専門家の意見や、一般化された意見を過信しすぎてしまい、それを全てのクライアントに当てはめようとしてしまうからです。

 

3.原理原則を応用するには、実際に見たり、体験する過程が必要である。

 

心の原理原則は、ご自分で新たな心理療法を開発する手がかりとなります。
ですが、その前に必要なことがあります。
それは、実際の心理療法を見たり、体験する過程です。
見たり、体験する中で、「この手法は、○○の原理を応用したものだったのか!」と気づくことができるのです。

 

そして、上記気づきは、既に修練所を受講中の皆様も感じていることです。

 

そのようなことから、皆様口を揃えて、
「修練所を受けないと、本当にもったいない」
「受けなければわからなかったことがたくさんある」と言ってくださいます(うそじゃないですよ(笑))。

『カウンセリング修練所』の内容

<ステップ1> 初めの6ヶ月間は、観る・聴く・受ける学び

 

<ステップ1>は、6ヶ月間、クライアントやオブザーバーとしての経験を通じて学びます。
まずは、観る聴く、そしてクライアントとして 受ける ことが大切です。

 

<ステップ2> 毎月、カウンセラーとしての学び他、全てのポジションの学び

 

<ステップ2>は、観る・聴く・受ける だけでなく、実際に カウンセラー としての経験を通じて学びます。
尚、カウンセリングは、一般の方に対して行うのは危険ですので、受講生さん同士で行っていただきます。
そして、スズキがスーパーバイザーとなります。

 

尚、<ステップ2>につきましては、神奈川会場大阪会場 では、開催の方法が異なりますのでご注意ください。

 

神奈川会場 では、毎月2回行い、期間は確定しません。
また、2回の内、1回だけ参加するコースもあります。

 

神奈川会場の日程

 


神奈川会場では、以前は水曜日と日曜日の2回行っておりましたが、現在は日曜日のみとなっております。

 

●会場

 

 スズキケンジのセッションルーム
 〒237-0076 神奈川県横須賀市船越町4-53
 Tel 046-861-6770
 アクセスは、こちら(京急田浦駅より徒歩5分)

 


 ○2017年

 

  5月 7日(日)
  6月11日(日)
  7月 9日(日)
  8月 6日(日)
  9月10日(日)
 10月 8日(日)

 

 ※時間は、午前11時から午後5時30分です。
  尚、時間は多少前後します。

 

各会場の受講料

神奈川会場の受講料

 

○月1回コース受講料
<ステップ1>lは、半年間で12万円 です。

 

<ステップ2>は、期間を確定しません。そして、月会費制で 月額2万円 です。
(1ヶ月あたりの料金は、<ステップ1>と同額となります)

 

※月に2回参加したい場合は、月毎に別途2万円をお支払いいただくことで参加いただけます。

 

○月2回コース受講料
<ステップ1>は、半年間で18万円 です。

 

<ステップ2>は、期間を確定しません。そして、月会費制で 月額3万円 です。
(1ヶ月あたりの料金は、<ステップ1>と同額となります)

 

※お支払いは、毎月の分割払いとなります。

 

 

お申し込み・お支払い方法

 

 

●分割でのお支払いをご希望の方

 

分割でのお支払いにつきましては、原則、ご指定の金融機関より、自動引き落としにて行っていただきます。
まずは、お申し込みフォームより必要事項をご記入いただき、送信してください。
その後、返信メールをご覧いただき、メールに記載された金融機関へ、最初の2ヶ月分の料金をお振り込みください(自動引き落としの手続きには時間が必要なため)。

 

次に、銀行自動引き落としの手続きを行っていただきますが、これにつきましては、講座の初日に専用用紙への記載をお願いしております。
そのため、講座の初日は、必ず【金融機関のご印鑑】をお持ちください。

 

お手続き後、3ヶ月目以降は、ご指定の金融機関より自動的に引き落とされます。
(※以前、銀行自動支払いの用紙を記入された方は、専用用紙への記入、及び、金融機関のご印鑑を用意する必要はありません)

 

 

未受講日について

 

未受講日につきましては、未受講日から数えて1年間の間に振り替え受講 していただけます。
(月2回コースでお申し込みの方は、月に1回参加した時点で、その月は参加したものとされます)

ただし、次回の講座の開催予定がない場合は、講座が終了した時点で、未受講分の受講資格も無くなりますので、未受講分はなるべく早めに受講していただくことをすすめます。

 

中途解約について

 

<ステップ1>のお支払い分の返金は応じられません。

分割払いでのお支払いにつきましても、残りの受講料を引き続きお支払いいただきます。
<ステップ2>につきましては、月々の会費制ですので、解約された時点で会費が発生しなくなります。

 

お申し込みはこちら

神奈川会場

神奈川会場 月1回コース

 

神奈川会場 月2回コース

 

共に学べる日を、楽しみにしてます。

 

お問い合わせは、こちら

 

上記フォームからの問い合わせができない場合は、下記メールアドレスへ連絡願います。
main★nscenter.jp(★を半角の@に変えてください)