もしも、あなたの潜在意識が最高の味方になってくれたとしたら?
ブログ
ブログ記事

年別アーカイブ: 2019年

「頑張りすぎな人」ってそもそも誰なの?

「頑張りすぎな人は、休んだ方がいい」この言葉、いろ~~~んなカウンセラーが伝えていますね。けれど、この言葉を伝えると、本当に仕事量が多すぎて過剰な責任を背負ってしまっている人ではなく、単に【てんぱってる人】が、「私頑張ってるし!」と反応しちゃったりします。ここのところ、すごくどうしたものかと思っていたんですね。そこで提案です。提案です。提案です。提案です。………………………【三人称】で文章を書いてみてはいかがでしょう。これだけだと、頭の中が「!???」かもしれませんね。簡単に言えば、物語風にして…

マインドセットとは、そもそも何だろう?

起業セミナーで出てくる言葉【マインドセット】わかるような、わからないような言葉だと思ったことありませんか?このマインドセットは、組織でも用いられる言葉ですが、ここでは個人のマインドセットについてお話します。マインドセットとは、これまでの人生経験の中で作られた思考パターンのことです。無意識の【思い込み】や【思考】のクセです。起業においては、このマインドセットが大切です。そこで、マインドセットが、整っていないのは、どのような状態なのでしょう。 起業の場合ですと、例えば【思い込み】は次のよう…

人気のセミナーや講演会は、デートみたいなものだと思えばよい!?

最近、さまざまなセミナーや講演会などのイベントを見て思ったことがあります。それは、それらのイベントへ参加する動機が、デートのような動機になってるということです。「何のこっちゃ!?」って思いましたか?まぁ、しばらくお付き合いください。まず初めに、デートって、おそらく無意識レベルで、次のような順番の優先順位だと、とても心地よいのです。 1.好きな人と会えるか。2.どこへ行くか。3.何をするか。 せっかく大好きな人とのデートなのに、この順番が入れ替わると、イライラモヤモヤすることが…

創世記のアダムとイブってどんな人だったのだろうか?

本日は、スピリチュアル寄りなお話です。創世記には、初めの人類としてアダムとイブ(エバ)が登場します。このアダムとイブは、善悪の知識の実を食べてしまうことで、神様との関係が断絶してしまいます。では、アダムとイブが、善悪の知恵の実を食べる前と、食べた後では、何が違っていたのでしょう。まず、善悪の知恵の実を『食べる前』ですね。 ・神様に忠実な存在であった。・互いが裸であることを恥ずかしく思わなかった。・死という概念がなかった。 つづいて、善悪の知恵の実を『食べた後』。 ・…

信頼ある関係に、ルールは不要か?

信頼ある関係の中では、ルールは不要でしょうか?人は、何かを決めたとしても、そのときの決断は、後々揺れる生き物です。大きな決断であればあるほど、その傾向は見られます。これは、当たり前といえば当たり前です。プライベートでは、そのことを前提で、触れ合うことも大切です。そうでないと、関係がギクシャクしてしまうからです。そうした中、ビジネスはしっかりしたルールに沿って進めることが通常です。これは、揺れ動く人の心というものがある中、ルール無しでビジネスを進めるとどうなるのかというところに答えがあると思います…

ビジネスでは、共感力が高いことが不利になる!?

ビジネスにおいて、相手の立場に立って顧客ニーズをつかみ、自分のビジネスと、どのように関連付けるかというのは、とても重要な要素です。これは、相手の気持ちに共感するのとは全く異なります。共感しすぎると、むしろどんどんと不利な状態へと自分を追い込むことになります。共感力は大切ですが、それはあくまで、カウンセリングの現場や、親友や家族の中での話。(場合によっては、パートナーに共感しすぎて、いつの間にやら、自分は大変な立場に……なんていうこともありますが…)特にカウンセリングにおいて共感力がないのは、話に…

仕事では、共感力が高いことがアダとなる!?

ビジネスにおいて、相手の立場に立って顧客ニーズをつかみ、自分のビジネスと、どのように関連付けるかというのは、とても重要な要素です。これは、相手の気持ちに共感するのとは全く異なります。共感しすぎると、むしろどんどんと不利な条件へと自分を追い込むことになります。共感力は大切ですが、それはあくまで、カウンセリングの現場や、親友や家族の中での話。(場合によっては、パートナーに共感しすぎて、いつの間にやら、自分は大変な立場に……なんていうこともありますが…)こんなこと想像してみてください。「赤信号でも私今…

読書が苦手な人と、得意な人との違いは?

読書をするとき、内面で声が聞こえるという経験をしたことがありますか?こちらの記事(本)では内面からの声を、『内言語』と紹介しています。  漫画とか読むとき、そのキャラクタの声が聞こえてくるかのような感じになるのも、これなんだと思います。小説の場合も、やはり登場人物のセリフによって、声を勝手に作っています。一言で言えば、ラジオを聞いてるような感覚で、本を読んでいるという感覚です。そして読書ではないですが、ソウルアドバイザーの声も、私の場合、高尚なそれっぽい声として聞こえています…

「ごめんなさい」が言えない人の特徴。

人間関係のトラブルの中には、「ごめんなさい」の一言で解決することも多いものです。ですが、「ありがとう」以上に、この「ごめんなさい」が言えないという人が、けっこう多かったりします(もちろん、非がその人にあるときですよ)。そのような反応をする人の多くは、無意識レベルで、「謝ってしまったら、自分の『負け』を認めてしまうことになる」というように、会話のやりとりが勝ち負けになっていたりするのです。このような人は、何が何でも自分の言い分を貫き通そうとします。「あんたの勘違いだよ!」「あんたの被害者意識だよ!…

宗教には、禁欲が多いのはなぜ!?

宗教の中には、かなり禁欲しているものもあります。例えば、キリスト教では、性欲の扱いが結構厳しいと感じます。  簡単に言えば、それだけ性欲というものが翻弄されやすい欲求だからです。極端な話、聖職者でも性的な犯罪をしてしまったりですね。それくらい性欲って、制御が難しい欲求なのです。今日は、その話題について、ソウルアドバイザーと対話します。 (SA=ソウルアドバイザーのクラウド、ケン=スズキケンジ) ケン「今回は、こういう話題なのですがよろしいですか?」&nbs…

【魂の成長】と【魂の経験】どちらが大切なのか?

 精神世界では、魂の成長というテーマも、多く扱われます。ですが精神世界に依存してしまっている人も多いかなと思うのです。 事実、私は、そういう団体をたくさん見てきました。精神世界のリーダーに依存してしまう。超能力のようなものに依存してしまう。 依存というと分かりにくいでしょうか。『それを逃げ道としてしまう』と表現した方がわかりやすいかもしれません。 では、精神世界は必要ないものなのかと言えば、これも違うと思うのです。ですが、人は精神的な成長よりも、目の前の現…

もしも、『本音』と『建前』が逆転してしまったとしたら?

私たちは、『本音』と『建前』を使い分けています。  それが、無意識の人もいれば、意識的な人もいます。無意識の場合は、本音というよりも本心です。建前というよりも理想論です。 成功者ですら、それは例外ではありません。多くの成功者は、講演会で素晴らしい言葉を伝えます。そして、成功社の本心は、行動にあらわれます。ですが、決して嘘をついているつもりはありません。無意識レベルで、成功者は自分自身を戒める傾向があるのです。 ところで、この本音と建前ですが、何のために存在…

インナーチャイルドの役割は何ですか?

インナーチャイルド癒やしというものがあります。インナーチャイルドとは、心の中にあるもう一人の幼い自分。心が傷ついたまま残っている自分です。インナーチャイルド癒やしでは、この幼い自分を癒やします。そう、インナチャイルドというのは、『幼い』ことが前提になっているのです。ところで、このインナーチャイルドですが、何の為に存在していると思いますか?例えば、内蔵であれば、胃や腸は、食べ物の消化のためにあります。肺であれば、酸素を送り込み、二酸化炭素を排出するためにあります。 では、インナーチャイル…

インナーチャイルドの役割は何ですか?→弱者!?

インナーチャイルド癒やしというものがあります。インナーチャイルドとは、心の中にあるもう一人の幼い自分。心が傷ついたまま残っている自分です。インナーチャイルド癒やしでは、この幼い自分を癒やします。そう、インナチャイルドというのは、『幼い』ことが前提になっているのです。ところで、このインナーチャイルドですが、何の為に存在していると思いますか?例えば、内蔵であれば、胃や腸は、食べ物の消化のためにあります。肺であれば、酸素を送り込み、二酸化炭素を排出するためにあります。 では、インナーチャイル…

インナーチャイルドの役割は何ですか?→弱者!?

インナーチャイルド癒やしというものがあります。インナーチャイルドとは、心の中にあるもう一人の幼い自分。心が傷ついたまま残っている自分です。インナーチャイルド癒やしでは、この幼い自分を癒やします。そう、インナチャイルドというのは、『幼い』ことが前提になっているのです。ところで、このインナーチャイルドですが、何の為に存在していると思いますか?例えば、内蔵であれば、胃や腸は、食べ物の消化のためにあります。肺であれば、酸素を送り込み、二酸化炭素を排出するためにあります。 では、インナーチャイル…

1 2 »

カテゴリー

スズキケンジの本

↓ ブログ更新も通知されます!

RSS

  • facebook
  • twitter

最近の投稿

タグ全般

専門書のメソッド,理論のタグ

作家,有名人のタグ

ストーリーで記事が多いタグ

年別アーカイブ

PAGETOP