もしも、あなたの心の中から、
神様の声が聞こえたとしたら……。

 

(※スマートフォンからは、画面デザインと文字サイズの都合上、画面を横にして
 横長のスクリーンでご覧になっていただくことを勧めます)

 

突然ですが、あなたはこの本をご存じですか?

神との対話(ニール・ドナルド・ウォルシュ著/サンマーク出版)

(神との対話/ニール・ドナルド・ウォルシュ著/サンマーク出版)

 

タイトルからして、スピリチュアル系、ド・ストライクな感じですよね(笑)
ここで、「そういうのは、ちょっと苦手だなぁ~」というあなた。
今しばらく辛抱いただけますでしょうか。
というのも、これから、スピリチュアル苦手なあなたにとっても面白く、そして役立つお話をさせていただくからです。

 

それでは本題の前に、まずこの本について、簡単に説明させていただきます。

まずこの本は、著者であるニールさんと、ニールさんの内面に語りかけてくる神様との対話を、そのまま書き記したものです。
ニールさんが質問するたびに、霊感のようなものが働き、神様からの返事が得られるという会話のやりとりが続き、その流れからこの本が生まれたのです。

 

「あなたはほんとうに、すべての質問の答えを知りたいだけなのか、
 それとも八当たりをしてみただけなのか?」(神との対話1/サンマーク出版より)

 

こんなことを、自動書記で書いてしまったのですから驚きですよね。
さて、これだけを見ると、完全にオカルトの世界だと感じるかと思います。
ですが実のところ、心の学びをしていると、こうした出来事も、ある程度説明がつきます。

 

まず、ニールさんに起こった出来事は、心理学では内的対話と言います。
この本では、内的対話の対象となっている人格は神様です。
そしてさらに、その内的対話の対象となる人格を、心理学では副人格と言います。
このような視点から見ると、この本は、主人格であるニールさんと、副人格である神様(という存在)との対話ということになります。そしてこれでしたら、ある程度、現実的な視点から捉えられるのではないでしょうか(もちろん、精神世界好きな方であれば、素直にニールさんと、神様との対話と捉えていただくのも良いと思います)。

 

まずは、心理学的な視点からも、精神世界的な視点からも、どちらの視点からでも説明がつくものだと思っていただければ良いでしょう。

 

【高尚な副人格】と繋がるのって、
どんな役に立つの?

スピリチュアル

ところで、先ほどの神様ですが、人によっては、
『サムシング・グレート』、『宇宙』、『高次の存在』、
『ハイヤーセルフ』など、さまざまな言葉で表現します。

 

どのような呼び方をしたいのかは、私自身は、それほど拘っていませんが、ここでは【高尚な副人格】と表現させていただきます。

 

この【高尚な副人格】との内的対話について、スピリチュアル好きな人であれば、
素直にスゴイという感想になるのかもしれません。ですが、苦手な方からすると、
「それって何の役に立つの?」という感覚になるかもしれません。
もちろん、役に立つからこそ、このお話をさせていただいております。

 

まず私が、ニールさんの本を見て素晴らしいと感じたのは、その【高尚な副人格】のメッセージの精度がとても高いことでした。
例えば、印象に残っている言葉は次の言葉です。

 

「いちばん偉大な教師は外にいる者ではなく、あなたがたの心の声である」

 

「愛とは感情-憎しみ、怒り、情欲、嫉妬、羨望など-がないことではなく、あらゆる感情の総和だ。あらゆるものの集合、すべてである。だから、魂が完璧な愛を経験するには、『人間のあらゆる感情』を経験しなければならない」

 

「真の悟りとは捨てることではなく、違う選択をすることだ」

 

(神との対話1/ニール・ドナルド・ウォルシュ著/サンマーク出版より)

 

面白いのは、この本の内容はとても素晴らしい内容でありながら、
「いちばん偉大な教師は外にいる者ではなく、あなたがたの心の声である」
と伝えている点です。
つまり、あなたの内面の声である【高尚な副人格】からの声をもっと大切にするよう勧めているのです。
それでは、【高尚な副人格】の声に従うと、どんなメリットがあるのでしょう。それは、主に3つあります。

 

1.心の中にメンターが得られる。
2.物事全体がまわりやすくなる。
3.心理療法の苦手な面が補える。

 
1.心の中にメンターが得られる。

 

【高尚な副人格】の声に従うメリット その1
心の中に、人生の師であるメンター、そして、癒しの存在が得られる。

 

まず、心理学で言うところの内的対話を、このレベルで達成できたとしたら、それは心の中に、メンター(人生の師匠)を得たのと同じか、それ以上の存在を得たことになります。また、自分のことを分かってくれる存在がいることは、大きな癒しとなります。

 

 

特に、決断が他者依存的になりすぎている人は、この効果が大きいといえます。
例えば、不安になるたびに自己啓発書を広げて、安心感を得ようとする人、あるいは、占い師からのアドバイスばかりを求めてしまう人などです。
他者からのアドバイスは、参考にはなりますが、他者からのアドバイスに従ってばかりでは、他者依存的になってしまい、主体的な人生を歩めなくなってしまいます。
そのような人こそ、内面の声に耳を傾けることが必要になってくるのです。

 
2.物事全体がまわりやすくなる。

 

【高尚な副人格】の声に従うメリット その2
深いフロー状態となり、物事全体がまわりやすくなる。

 

心理学の用語で、フロー(フロー理論、フロー体験)という言葉をご存じですか?
フローとは、時間や空間が喪失するくらいに、目の前のことに集中している状態のことを言います。

 

フロー状態

 

これは、心理学者のミハエル・チクセントミハイ氏が研究しているものです。
また、元ソニー役員の天外伺朗氏も、この理論の研究をしています。
天外氏によると、過去のソニーが、CDの開発や、Aiboの開発で成功できたのは、開発メンバー全員がフローの状態にあったからであると説明しています。
つまり、ものすごく熱中する集団がいたからこそ、物事全体がまわったのです。

 

ところで、このフローそのものは、特に珍しいことではありません。
何かに集中していたら時間を忘れていたという経験は、どなたにでもあることと思います。
このように、フローそのものは、ほとんどの人が経験していることです。
ですが、フローに入ったからと言って、その頃のソニーのように、物事全体がまわりはじめるとは限りません。
なぜなら、多くのフローは浅い状態でのフローだからです。
このような、日常的に得られる浅いフロー状態を、マイクロフローといいます。

 

物事全体がまわるようになるためには、もっともっと深いフローが必要です。この深いフローを体験するには、魂の欲求とも呼べる自分自身の深い欲求を知る必要があります。
そして、ご自分の深い欲求を知るためには、【高尚な副人格】という心の深い領域の声を聞くことがとても有効なのです。

 

深いフローとなり、物事全体がまわり始めると、集団がフロー状態となります。
すると、普通では達成できなさそうなことが実現可能となります。
例えば、CDの開発は、実質3人で半年で開発したとのことです。
スピリチュアル好きな方であれば、シンクロニシティー(共時性)が起きやすくなると言えばわかりやすいでしょうか。

 

またこれは、心の成長にも繋がります。
特にリーダー的な存在は、部下を抑圧することでは、周りがフローにはなれません。
つまり、周りもフロー状態になるためには、リーダーが調和のとれた精神状態になる必要性があります。これをトランスパーソナル心理学では、【成熟した自我】といいます。
そのためには、より成長した【高尚な副人格】と繋がることが有効となるのです。

 
3.心理療法の苦手な面が補える。

 

【高尚な副人格】の声に従うメリット その3
心理療法だけでは、ますます幼くなってしまう人に、とても有効である。

 

多くの心理療法では、大人としての理性と、内面の本心とのギャップを埋めることが、ひとつの目的となります。
それにより、理性で頑張りすぎてきた人達が、より自分らしい生き方ができるようになるからです。
これは特に、子どものころに、良い子として、がんばりすぎた方に有効です。

 

そうした中、最近は、通常の心理療法が有効に働かない場面が増えてきました。それは、心理療法を受ければ受けるほど、幼い面が表に出過ぎてしまって、社会になじめなくなってしまうようなタイプの方です。
これは、心の成長どころか、退化してしまうような状態です。
私自身、さまざまな心の専門家のグループを見てきましたが、参加すればするほど、自分で考える力や、行動力が失ってしまう人達を数多く見てきました。

 

そして実のところ、私もこの状態に、はまりつつありました。
それはなぜか? まず幼い頃の私は、結構扱いにくい子どもでした。
ここからは、簡単に、私の自己紹介を兼ねてお話させていただきます。

 

スズキケンジ

私の名は、スズキケンジと申します。
職業は、心理療法家であり、
経営コンサルタントも行っております。

 

2005年末から心理療法家として活動を始め、ADHD、ASD(旧アスペルガー症候群)などの当事者や関係者のご相談他、うつ、不安症、職場やご家庭での人間関係の悩みなど、さまざまな悩み相談に応じてきました。

 

また、個人セッションやグループ・カウンセリングのみならず、カウンセラーの養成講座も行ってきました。
出版実績としては、【ココロの教科書】、【悩みはこうして幸福に変わる】(大和書房)が、おかげさまで海外も含め、累計約6万部出版されております。
また、講演の実績としては、数多く行う中、2010年には将棋の羽生善治棋士とのコラボ講演も行っております。

 

現在の私の紹介はこれくらいとして、先ほどの話の続きに戻ります。
今でこそ、このような活動をしておりますが、小学生の頃は、結構扱いにくい子どもでした。手がつけられない暴れるような子どもであったわけではないのですが、周りとなじめず、よく学校も休んでいました。特に担任の先生にとっては、結構、扱いにくい子どもであったと思います。

 

例えば、先生を怒らせたときには、「もう、おまえは帰れ!」と言われたこともあります。
これは、普通の子どもにとっては、心が傷つく一言なのかもしれませんが、当時の私にとってこの言葉は、「これで、学校をサボれる口実ができた!」というラッキーな言葉として利用できる言葉でしかありませんでした。このように、子ども時代の私は、結構扱いにくいひねくれ者だったんですね(笑)良く言えば、頭の回転が早いのかもしれませんが……。
そして、家ではどうなのかというと、結構自由きままに生活していました。

 

このような子ども時代でしたので、心理療法によって幼い自分が解放されることは、良いことばかりではありませんでした。

 

もちろん、自分の内面が解放されたことは、基本的にはとても良いことです。
一言で言えば、より自由な人生が歩めるからです。
私自身、より自由に、より自由に、自由な自分がどんどん表に出てきました。
ですが、それもその方法へ偏りすぎると、問題となります。

 

私の場合、心の中に幼い部分が、出過ぎてしまって、それはそれは大変でした。
一言で言えば、理性である大人の自分と、内面の自分である、わがままな子どもの自分とのバトルが、私生活の中で起きていました。

 

人には、さまざまな人格が内面に存在します。

私の場合、心理療法を続けたことで、幼い自分という存在が、内面の多くを占めるようになってゆきました。ですが、これでは、実社会での生活が危うくなるわけです。

そしてこのような状況で有効となるのは、内面の幼い自分が成長することです。精神世界では、【魂の成長】と表現することもあります。
この【魂の成長】が達成されることで、幼かった自分が【高尚な副人格】となります。

 

魂の成長

 

そしてこの状態ではむしろ、【理性の自分】の方が、幼いという状態となります。
だからこそ、【高尚な副人格】がメンター的存在となり、人間的成長が見込めるのです。

 

また、多くの人は、自分の内面に行動が影響されます。
言っていることと、行っていることの差が生まれるのは、このためです。
ソウルアドバイザーのメソッドでは、これを逆手に取ります。
内面を成長させることで、まるで、背中を押されたかのような行動力を生み出すのです。

 

背中を押されたかのような感覚

 

そして多くの場合、心理療法はこの領域が、場合によって逆の結果になりがちなのです。
内面を解放するだけでは、人によっては、ものすごく幼い自分だけが肥大することになってしまうことがあるからです。
心理学に詳しい方でしたら、交流分析でいうところのFC(自由な子ども)だけが高い自分が内在していると言えばわかりやすいでしょうか。

 

そのようなことから、心理療法では苦手な面が補えるという面でも、【高尚な副人格】と繋がることが有効なのです。

 

ちなみにこれは、幼い子どもの人格を無視したり、抑圧するということでありません。
それをやってしまうと、多くの場合、失敗に終わります。
むしろこれは、幼い子どもの自分に内在する、より深い欲求を叶えることで達成されます。
それについては、後ほど分かりやすく説明しますね。

 

内的対話そのものは、
1日に数万回行われている。

実のところ、この内的対話は、多くの人が無意識レベルで行っていることです。
しかも、日に数万回という回数です。
ですが、そのほとんどは無意識レベルで行われているため、記憶に残りません。
それでも、幼い子どもは、結構覚えていたりします。
例えば、幼い子どもは、人形とお話したりしますよね? あれも内的対話の一種です。

このように、内的対話そのものは、それほど珍しいものではないのですが、内的対話の精度が高いかどうかというと、話は別です。
多くの場合、内的対話の精度は、それほど高くありません。

 

「ラーメン食べたい!」
「いや、ダイエット中だろ!」

 

このような葛藤(?)は、日常生活でたくさんあるわけですが……(笑)
そうした中、内面の自分が幼いと感じる場面は、多くの方が経験していることなのかなと思います。
まず、多くの人は、言葉と行動にはギャップがありますよね。
これは、言葉は理想を語り、本音は行動にあらわれるからです。
そしてこのギャップは、自覚しているものもありますが、
その多くは無自覚です。
私自身は、心理療法家であることから、自分を客観視する習慣があり、
自分自身のこのギャップに気づいていました。
そして先ほども伝えた通り、私自身、内面はかなり幼い人でした。

 

大人の自分 「自分のありのままを受け入れることが大切なんだよ……」
子どもの自分「だったら、何もしたくねぇ~。何もせんよ~~」
大人の自分 「おいおい! 何もしたくないって、まずいでしょそれ!」
子どもの自分「え? だって、ありのままでいいって言ったじゃん。だから何もせんのよ!」
大人の自分 「おいおいおい! 何、都合よく解釈してんの!? それじゃあプータローになっちゃうだろ!」

 

わがままなインナーチャイルド

 

 

このようなバトルが、私の内面で展開されていたわけです。
かといって、子どもの自分を叱ろうものなら、「ちぃ~~~っおまえウザいよ!」と拗ねてしまったりですね。そうかといって、ワガママな子どもの自分を受け入れようものなら、さらにワガママになるという悪循環でした。

 

大人の自分 「いったい、どないせぇーっちゅーんだ!」

これが、大人の自分の悲痛な叫びでした。
今でこそ、笑い話ですが、当時は結構大変だったんですよ(笑)

 

ある日、自分の内面に
【高尚な副人格】が宿ったとしたら…

このようなこともあり、【高尚な副人格】と接点を持つことは、私の中でかなり必要なことのひとつだったのです。

 

ですが、その方法となると、先ほど紹介した【神との対話】には、具体的な方法はほとんど紹介されていませんでした。
また、心理療法では、副人格のワークというものが存在するのですが、ひとりで行うにはとてもやりにくく、基本、心理療法家の誘導を必要とするものでした。

 

精神世界では、チャネリングをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。また、人によっては、高次の存在との繋がりをイメージされる方も、いらっしゃるかもしれません。
ですがその多くは、心理学的な視点から見ると、その原理と手法がまだまだ甘いと感じられるものが多く、それをそのまま使う気持ちにはなれませんでした。

というのも、私の場合、「なぜそれが効果的なのか?」「どのような原理で起きるのか?」といういったことなどを、説明できる形で提供することに拘っているからです。

 

そうした中、ある日、奇跡的とも思える出来事を通じて、【高尚な副人格】と対話するためのメソッドは生まれました。
もちろんそのメソッドは、心理学的に見ても、原理と手法が理にかなっているものです。
そしてそれは、今思い出しても、奇跡としか思えないような出来事です。

 

2018年2月10日、土曜日の、明け方の体験でした。
私は、夢の中で、子どもの頃の自分自身が現れました。
心理療法では、幼い子どものことを、インナーチャイルドと表現します。

 

夢の中の、子供の頃の自分の姿があらわれた

 

その頃、高尚な副人格との繋がりを求めいた私は、夢の中に登場したインナーチャイルドへ次のような質問をしました。

 

(以下、自分=スズキケンジ、IC=幼い子どもの自分=インナーチャイルド)

 

自分「キミさ、神様(高尚な副人格)とお話したいとは思わないかい?」

 

IC「思うよ~。でもさ、あなたは、神様ばかり追っかけているよね。
   ぼくは役立たず扱いだしね」

 

自分「それは、ごめん(でも、癒やすと図にのるじゃないか!)
   ところで、神様とお話するのにも、簡単にそれが実現する方法がわからないんだ。
   キミとは簡単に対話できるのにね。
   神様へ質問しても、どこか一方通行で、結局、キミとの対話になってしまう」

 

IC「ぼくは、部分化された神でもあるよ」

 

自分「え? それはどういうこと?」

 

IC「魂は、部分化された神って聞いたことない?」

 

自分「キミは魂なの? でも正直驚いたよ。
   キミからの答えが、いつも幼いから、その発想にはならなかったな」

 

IC「あなたはいつも、あなたの精神で、ぼくと神との関係を邪魔しているんだよ」

 

自分「私(大人の自分)が、
   キミ(インナーチャイルド)と神様との関係を邪魔しているの!?」

 

IC「そうだよ。現にあなたは、『あなたと神との関係』。
   そして、『あなたとぼく(IC)との関係』ばかりで、
   『ぼく(インナーチャイルド)と神との関係』は、全く意識していなかったよね」

 

自分「言われてみればそうだ!
   そんなことになっていたの? 全く予想外だった! ごめん!」

 

IC「ぼく(魂)は部分化された神だから、ちゃんと神と交わりたいんだよ」

 

こんな会話が、夢の中で展開されてゆきました。
この後、実際にどのような方法を用いれば、インナーチャイルドが、高尚な副人格(大いなる存在)へと成長するのかという、具体的な方法を、インスピレーションで感じるとることができました。

 

そもそもこの発想や方法は、私がいくら考えても出ないものでした。
まさに、インスピレーションとしか言いようがないものでした。
それを体験したときのことは、昨日のことのように思い出されます。

 

それは、私の中で素晴らしいメソッドが生まれた瞬間であり、また、インナーチャイルドが、一気に私の中で成長した瞬間でもありました。
つまり、インナーチャイルドは、『何もしたくない』という欲求以上に、神様との交わりを求めていたのです。
それからというもの、それまで一番幼かったインナーチャイルドが、
最高のアドバイザーになりました。
そして私は、このメソッドを、【ソウルアドバイザー】と名付けました。
この【ソウルアドバイザー】は、一言で言えば、
【神様からの英知を伝える存在】です。

これは、キリスト教で言うところの三位一体に近いものだと思えばよいです。

 

神様がいなければ、地上の何者も存在しえません。
ソウルアドバイザーである魂がいなければ、神様の意思を伝えることができません。
身体であるあなたがいなければ、その意思を行動に移すことができません。
つまり、その3つのどれもが必要であり、どれもが重要なのです。

 

ここで、先ほどの対話の続きです。
(以下、成長したインナーチャイルドであるソウルアドバイザーをSAと表記)

 

SA「あなたが、いつもこれをしてくれたら、ぼくはもっともっと成長できるよ」

 

自分「そうか、何かいつも違和感を感じていたのは、
   私が、キミと神様の間を、私が遮断していたからなんだね。
   そういえば、心たりがあるよ。
   昔、シータヒーリングを学んだときも、
   なんか、エネルギー頭のところでひっかかって、入って来なかったんだ。
   (これは、共に学んだ友人からも指摘されました)
   それは、私の中に、神様を取り込むことばかり意識していたからなんだね。
   本当に融合するべきは、神様とキミ(魂)だったんだね。
   今まで、本当にごめんね。
   キミのこと『役立たず扱い』していたよね。
   私が、キミへの思いやりに欠けていたこと。
   そして、キミと神様との関係を遮断していたこと。
   全て、私の無知が招いていたことだったんだね。
   これからは、キミと神様との関係を、もっと大切にするよ」

 

成長した魂と私

 

 

ソウルアドバイザーというメソッドが生まれたエピソードは、これくらいとして、それでは、私の中でいったい何が起こったのでしょう。

 

スピリチュアル好きな方であれば、「スズキに奇跡が舞い降りた!」と感じるのかもしれません。ですが、この一見して、非科学的であり、精神世界的な出来事について、私自身は、心理学的に、あるいは、潜在意識的な側面から見ることができました。
そして、いともあっさり、「なるほど、こういう仕組みで起きたんだな」と、納得できる答えを導き出すことができました。
なぜなら、私は普段から、いろいろな側面から考察することを習慣化していたからです。

 

そして、さらに面白いことに、精神世界的な側面、宗教学的な側面から検証しても、
このメソッドが、実に理に叶っていて、実に面白いメソッドであることがわかりました。

 

そしてそれは、これまで多くの心理療法では補えない、新たなステージのメソッドが誕生した瞬間でもありました。

 

先ほどもお伝えした通り、心理療法では、理性と本心のギャップを埋めることを重視します。それにより、理性で頑張りすぎてきた人達が、より自分らしい生き方ができるようになるからです。
ところがこの方法は、元々、自由な生き方をしすぎてきた人の場合、私のような状態に陥ることが多々あるのです。

 

そうした中、この新しいメソッドであるソウルアドバイザーは、
全く逆の路線です。
まずは先に魂を、今の自分自身よりも成長させてしまうのです。
これは心の中に、メンター(人生の師)を常駐させてしまうようなものです。そして、私生活の中で、心の中のメンターから、さまざまなヒントを得て、自分自身が行動するのです。

そのため、これまで自由奔放すぎて、自己責任や行動力が不足していた人にも、とても効果的なのです。
最近は、「ありのままでいい」という言葉を、「何もしなくていい」と解釈される方が増えています。そして、それにより行動力を失っている方々が増えています。
そうした中、ソウルアドバイザーのメソッドは、『ありのままブーム』に対し、新たな一手となるでしょう。

 

そしてこれは、レイキや、シータヒーリングのような、大いなる存在に自分自身を委ねる
メソッドとも、とても相性がよいのです。
レイキやシータヒーリングは、シンクロニシティーを重視します。
これはつまり、神様など、大いなる存在へ自分の運命を委ねるメソッドであると言えます。

 

そしてソウルアドバイザーは、委ねることはもちろんのこと、さらに存在から英知とエネルギーを得て、自分自身が行動するメソッドでもあります。
つまり、レイキやシータヒーリングでは、手が届きにくい部分が補えるのです。
委ねるメソッドと、英知を得て行動するメソッド。
この2つの対極の概念は、どちらも必要です。

 

委ねるメソッドばかりでは、行動力を失ってしまいます。
英知を得て行動するメソッドばかりでは、運命を委ねることができなくなります。
だからこそ、その両方が必要となるのです。
そのようなことから、これまで、委ねることにしか、意識が向いていなかった方も、バランスがとれるのです。

 

ソウルアドバイザーで得られるもの

ソウルアドバイザーのメソッドで、まず、あなたが初めに得られるものは【魂の成長】です。
そのために、トレーナーからアチューメント(伝授)を受けます。

 

魂の成長

 

そしてその後、【高尚な副人格】との対話はもちろんのこと、多くのスキルが身につきます。
なぜなら、これは後ほど詳しくお伝えしますが、ソウルアドバイザーは進化するメソッドだからです。

 

初めに、トレーナーから【魂が成長するためのアチューメント】を受けていただき…
    ↓ その後、次のスキルが得られます。↓

◆ プラクティショナー養成講座(※)を受けることで得られるスキル
 1.ソウルアドバイザー(高尚な副人格)との対話
 2.プロテクション
 3.浄化
 4.周波数調整
 5.肉体と精神のヒーリング
 6.遠隔ヒーリング
 7.魂のメンテナンス
 8.愛をベースに生きるためのワーク
 9.神に課題や願望を委ねるワーク
10.ネガティブな感情を、愛のエネルギーに変換する
11.より大きなバージョンの存在に包まれる
12.相談者の魂からのアドバイスをリーディングする

 

◆ トレーナー養成講座(※)を受けることで、さらに得られるスキル
 A.相談者のソウルアドバイザーをリーディングする
 B.複数のソウルアドバイザーと対話する

 

※プラクティショナー養成講座、及び、トレーナー養成講座の詳細につきましては、
 この後で紹介させていただきます。
※トレーナー養成講座で得られるスキルは、月1回行われるZoom補講の対象には
 なりません。

 

それでは、ぞれぞれ説明します。

1.ソウルアドバイザー
(高尚な副人格)との対話

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その1
ソウルアドバイザー(高尚な副人格)を得て、それと対話する。

 

ソウルアドバイザーとの対話

 

これは、ソウルアドバイザーの最も基本かつ重要となるものです。
初めに魂を成長させ、ソウルアドバイザーという存在を得ることで、
心の中に、メンターを常駐させることができます。
そうすることで、ソウルアドバイザーと対話することはもちろんのこと、まるで背中を押されるかのような行動力が身につきます。
さらに、日々の対話の中で、ストレスを感じたときは、ソウルアドバイザーが、あなたの癒やしの存在となることでしょう。

また、ご自身の悩みのみならず、もちろん、他者の悩みにも、この対話が役立ちます。
ソウルアドバイザーからの意見を、相談者にシェアすることで可能となります。
それでも理想は、ひとりひとりの心の中にそれぞれのソウルアドバイザーを持つことだと思います。
そうすることで、自分自身の中から答えを出す習慣が身につくからです。

 
2.プロテクション

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その2
プロテクションで、あなただけのエネルギー・フィールドを作る。

 

プロテクション

 

人は、普段からさまざまな思考やエネルギーの影響を受けています。
ソウルアドバイザーとの対話の精度を上げるため、そして、あなた自身を良い状態に保つためには、このプロテクションの技術が欠かせません。
ソウルアドバイザーでは、瞬時にエネルギー・フィールドを作ることで守ります。

 
3.浄化

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その3
浄化で、あなたの内面をクリアな状態に保つ。

 

浄化

 

自分の中に入ってきた、余分なエネルギーを取り除き、必要なエネルギーを満たす方法です。これも、エネルギーワークの基本のひとつです。
これは、一般的なエネルギーワークでの浄化法はもちろんのこと、ソウルアドバイザー独自の方法もあります。そしてそれは、ユニークかつ合理的です。
なんと、神様がダストボックスの役割を果たしてくれるのです。
しかも、あらゆるものを浄化しますので、神様が汚れることはありません。
もちろん、心理学的には、神様という表現をせずとも説明ができますので、スピリチュアルが苦手な方も、ご安心ください。

 
4.周波数調整

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その4
周波数を調整することで、本当に必要なエネルギーだけを抽出する。

 

周波数調整

 

私たちが住む環境には、さまざまな情報が電波として飛んでいます。
同じ空間に、ラジオ、テレビをはじめ、スマートフォン、インターネットなど、さまざまな情報が混在しています。その中で、必要な情報が得られるのは、適切な周波数調整と、適切なチューナーがあるからです。
また、催眠療法やシータヒーリングなど、潜在意識を活用するメソッドでは、脳の状態をシータ波にすることで、潜在意識へアクセスします。
そして、ソウルアドバイザーのメソッドでも、これは同じです。
ソウルアドバイザーでは、さらに潜在意識から適切な情報を引き出すための周波数調整の方法をお伝えします。
そうすることで、ノイズを極力減らし、ソウルアドバイザーからの声だけを、抽出することが可能となります。

 
5.肉体と精神のヒーリング

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その5
肉体と精神をヒーリングし、健康を取り戻す。

 

ヒーリング

 

ソウルアドバイザーは、肉体や精神のヒーリングにも活用できます。
これは、自己ヒーリング、他者ヒーリング共に活用できます。
このとき、ヒーリングのエネルギー源は、神様です。
このあたりは、レイキと似ていますね。
また、レイキや、さまざまなヒーリングのメソッドとの相性もバッチリですので、合わせ技としても使えます。

 
6.遠隔ヒーリング

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その6
遠隔ヒーリングにて、遠方の人を癒やす。

 

遠隔ヒーリング

 

例えばキリスト教などの宗教では、他者のために祈りを捧げることを習慣化しています。
これは、一見するとただの宗教的な儀式のようにも思えますが、実のところ、アメリカでは、祈りによる効果を、さまざまな実験により証明しています。このような実験があること自体、アメリカらしい感じがします。
こうしたものは研究段階ではあるのですが、実験結果としての遠隔作用は、疑いようのない事実となっています。
ソウルアドバイザーの遠隔ヒーリングは、上記、祈りの効果に加え、心理学的にも理に叶った手法を取り入れ、遠隔ヒーリングの効果をさらに高めています。
そして、そのヒーリングのエネルギー源は、神様です。

 
7.魂のメンテナンス

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その7
魂を最高の状態に保つためにメンテナンスする。

 

魂のメンテナンス

 

ソウルアドバイザーは、日々のメンテナンスをすることで、より高い精度を保つことができます。簡単に言えば、ソウルアドバイザーと神様を、なるべく融合する時間を持ってあげることが大切なのです。
もちろんそれは、具体的な方法がありますので、ご安心ください。

 
8.愛をベースに生きるためのワーク

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その8
愛をベースに生きるための、エネルギーの使い方を学ぶ。

 

愛をベースに生きる

 

私たちは、愛をベースに生きることが、時として難しくなります。
そもそも、意思の力で、愛をベースに生きようとすると、常に自分を監視しなければならず、それだけで疲れてしまいます。
そこで、普段から活用できるエネルギーワークを通じて、愛をベースに生きる方法をお伝えします。

 
9.神に課題や願望を委ねるワーク

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その9
大いなる存在に課題や願望を委ねることで、頑張ることから解放される。

 

神に課題や願望を委ねる

 

ソウルアドバイザーのメソッドは、神様から英知をもらうだけではありません。
神様に対して、課題や願望を委ねることもできます。
これは、抽象的なものから、具体的なものまで全てです。
また、その方法は、具体的かつ、なぜ効果的なのかを説明できるものです。

 

10.ネガティブな感情を、
愛のエネルギーに変換する

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その10
神様にネガティブな感情を、愛のエネルギーに変換してもらう。

 

愛のエネルギーに変換する

 

怒りをため込んでしまう人は、結構いらっしゃいます。
その怒りを、時にはダイレクトに相手にぶつけることも大切ですが、毎回それをやってしまったら、大切な人間関係が崩壊してしまうかもしれません。
そこで、神様の登場です。
神様というのは、本当にありがたい存在です。
怒りや恨みなど、どのようなネガティブな感情であっても、愛のエネルギーに変換して、私たちに返してくれます。

 
11.より大きなバージョンの存在に包まれる

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その11
より大きな存在から包まれることで、さらなる安らぎと、幸福感を得る。

 

より大きな存在から包まれる

 

私たちの世界は、上にも、下にも、限りがない世界に生きています。
日本があり、世界があり、地球があり、太陽系があり、銀河系があり……。
それは、言うならば上限がない世界です。
また逆もしかり、小さなものを2つに分け、またそれを2つに分け、それまた2つに分けたとしても、限りなく小さくなるだけで、ゼロにはなりません。
つまりこの世界は、上限だけでなく、下限がない世界でもあるのです。
ソウルアドバイザーは、大いなる存在である神と繋がるメソッドです。
呼び方はさまざまですが、その神様も、より大きなバージョンの神様と繋がっています。
より大きな存在へ…、より大きな存在へと繋がっていくと、自分自身がそういった存在の一部であり、また、そういった存在から守られていることを実感することができます。

 

12.相談者の魂からのアドバイスを
リーディングする

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その12
相談者の魂からアドバイスを得て、それを相談者へ伝える。

 

魂のリーディング

 

相談者の魂の声を読み取り、それを相談者へ伝えるワークです。
相談者の中には、自らの内面から答えを出すことに、抵抗感がある方もいらっしゃいます。
そうした方のために、プラクティショナーが相談者の魂の声(成長前の、現時点での魂)を、代りに読み取ります。
このワークは、まずはプラクティショナーが、ご自分のソウルアドバイザーとスムーズに対話できていることが前提です。
ですので、まずは、プラクティショナーとして練習を重ねてから行うことを勧めます。

 

A.相談者のソウルアドバイザーを
リーディングする(トレーナー受講者が対象

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その13
相談者のソウルアドバイザー(成長した魂)からアドバイスを得て、それを相談者へ伝える。

 

他者のソウルアドバイザーからメッセージを受け取る

 

相談者のソウルアドバイザーの声を読み取り、それを相談者へ伝えるワークです。
基本、ソウルアドバイザーは、自分自身のソウルアドバイザー(成長した魂)と対話するメソッドですが、他者のソウルアドバイザーからメッセージを受け取ることもできます。
人によっては、ソウルアドバイザーとの対話が、特殊能力だと捉えている方も少なくありません(本来は、特殊能力というよりも、単に方法を知らないだけなのですが…)。
そのような方の中には、「ハイヤーセルフからのメッセージが欲しい」など、能力がある方からのリーディングを求める方もいます。
これは、そのような要求に応えるためのワークです。

 

B.複数のソウルアドバイザーと対話する
トレーナー受講者が対象

 

ソウルアドバイザーのメソッドで、あなたが得られるもの その14
内面に存在する複数のソウルアドバイザーと対話する

 

複数のソウルアドバイザーと対話する

 

ソウルアドバイザーは、初めの内、一人ひとつ存在します。
そうした中、さまざまなきっかけで、新たなソウルアドバイザーが生まれることがあります。
・ソウルアドバイザーの意見に対立する身体感覚がきっかけで生まれる。
・ある出来事がきっかけで生まれる。
・複数のソウルアドバイザーを統合する形で生まれる。
このように、さまざまなきっかけで、新たなソウルアドバイザーが生まれます。
いずれも、元々成長している場合を除き、成長させることで初めて、新たなソウルアドバイザーとなります。
このとき、複数のソウルアドバイザーの扱い方を知ることが大切です。
複数のソウルアドバイザーが存在するメリットとしては、それぞれに得意不得意がある。また、それぞれに意見があるということです。
それにより、方法は複数あり、また、答えはひとつではないことを実感することでしょう。

 

ソウルアドバイザーは、
日々進化しています。

このソウルアドバイザーのメソッドは、先ほどお伝えした通り、進化するメソッドです。
一番初めに夢の中から生まれてたメソッドの他、その後も、インスピレーションが毎日のように降り注ぎ、新たな手法が追加されてゆきました。そして、新たな手法も、【高尚な副人格】からのインスピレーションにより生まれたものです。

 

また、このメソッドは、先ほどもお伝えした通り、私が開発したメソッドですので、
なぜ効果的なのか? どんな原理なのか? という説明がかなり明確です。
ロジカルな説明が好きな人は、きっと相性がよいでしょう。

 

では、精神世界好きな人はどうなのかと申しますと、こちらはこちらで相性がよいです。
それは、私が普段から、どちらからも説明をすることを心がけているからです。
両方から説明できるのは、なんだか楽しいんですよね。

 

このように、ソウルアドバイザーは、進化するメソッドなのですが、ここでひとつ心配ごとがあるかもしれません。
それは、「既に学び終わった人は、進化後のメソッドを学べる機会があるのかどうか?」という点です。
ご安心ください。受講後も、定期的にZoomのビデオチャットを用いた
補講を【無料】にて行いますので、そちらで学んでいただけます。

 

こんな方に受講していただきたいです。

 神様など、大いなる存在との対話ができるようになりたい方

 大いなる存在と、もっと親密になりたい方

 大いなる存在と一体化し、背中を押されるかのような行動力を身に付けたい

 自分自身の癒やしや成長のために活用したい方

 人を癒やしたり、成長するためのお手伝いや、仕事をしたい

 預言カフェで、活動したい

 人生の師と、癒やしの存在を得たい方

 魂の成長を求めている方

 人生の新たなステージへと進みたい方

 スピリチュアルのメソッドを、一度にたくさん取得したい

 非科学的すぎる、多くのスピリチュアルのメソッドでは、満足できない方

 プラシーボ効果ではない、心理学的、科学的原理を知った上で使いたい方

 潜在意識の活用法を、より科学的に理解したい方

 宗教学や精神世界を学んだものの、知識が混乱状態に陥ってしまった方

 宗教学や精神世界を、全体像から理解したい

 レイキやシータヒーリングだけでは、なかなか変化が起こせなかった

 心理療法やカウンセリングで補えない部分に活用されたい方

 占いやアロマなど、お持ちのスキルに加えて、さらにスキルを身につけたい方

 もっと、自信をつけて、自分の内面からの言葉に従って生きてゆきたい方

 大いなる存在に委ねることはもちろんのこと、行動力を身につけたい

 心の中に、未熟すぎる自分が内在していると感じている方

 逆に、頑張りすぎな自分が、心の中に内在している方

 そもそも、頑張りすぎなのか、まだまだ甘いのか、よくわからない方

 自分自身をもっと知りたい

 同じことができる仲間、同じ価値観の仲間が欲しい方

 

受講は、2段階の構成です

ソウルアドバイザーの受講は、2段階あります。

 

ソウルアドバイザーとしてのスキルを学び、実践できるようになる。
 矢印 ソウルアドバイザー・プラクティショナー養成講座

 

ソウルアドバイザーのトレーナーとして活動できるようになる。
 矢印 ソウルアドバイザー・トレーナー養成講座

 

ソウルアドバイザー講座

 

ソウルアドバイザー
プラクティショナー養成講座

 

【ソウルアドバイザー・プラクティショナー養成講座】では、ソウルアドバイザーとしてのスキルを学び、実践できるようになるための講座です。
この講座を受講いただくことで、ソウルアドバイザーのメソッドの全てを習得していただけます。

自分自身に対して行えることはもちろんのこと、ソウルアドバイザーからのアドバイスを人へ伝えたり、ヒーリングしたりすることも可能です。
【プラクティショナー養成講座】について、ぜひ詳しい情報をお受け取りください。
詳しい内容は、この下の紫色の枠内をクリックしてただくことで、表示されます。

【プラクティショナー講座】についての詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。

 

得られるスキルと、さらに学べる内容

 

まず、トレーナーから、【魂が成長するためのアチューメント】を受けていただきます。
そして、先ほど【ソウルアドバイザーで得られるもの】で紹介させていただいた、1から12までのスキルを学んでいただきます。

 

 1.ソウルアドバイザー(高尚な副人格)との対話
 2.プロテクション
 3.浄化
 4.周波数調整
 5.魂と肉体のヒーリング
 6.遠隔ヒーリング
 7.魂のメンテナンス
 8.愛をベースに生きるためのワーク
 9.神に課題や願望を委ねるワーク
10.ネガティブな感情を、愛のエネルギーに変化する
11.より大きなバージョンの存在に包まれる
12.相談者の魂からのアドバイスをリーディングする

 

さらに学べる内容として、次のような要素があります。

 

 ア)潜在意識の仕組みと、ソウルアドバイザーメソッドとの関係
 イ)ソウルアドバイザーメソッドを心理学他、科学から検証する
 ウ)宗教学や慣習から、ソウルアドバイザーを検証する
 エ)ソウルアドバイザーメソッドが生まれるまでの経緯
 オ)ソウルアドバイザーとの対話事例
 カ)ソウルアドバイザーメソッドの実践事例

 

講座

 

講座の日数は3日間です。

 

【ソウルアドバイザー・プラクティショナー養成講座】の日数は、合計3日間です。
前半1日後半2日間という構成です。
1回(1日)あたりの受講時間は、5時間となっております。

但し、終了時間につきましては、多少前後する可能性もありますので、あらかじめご了承願います。

 

学びたい地域をお選びいただけます。

 

セミナー会場といえば、通常、【東京】または【大阪】です。
その方が、主催者側にとって集客がやりやすいからです。
ですが私は、あえてそのスタンスをとりません。
理由は、心の学び、スピリチュアルの学びを、もっと日本中に広めたいという想いが、私の中にあるからです。
そのため、ある程度自由に地域をお選びいただけますよう、配慮させていただきます。
もちろん、そのための交通費などの請求は一切はありません。

 

受講料金

 

講座の受講料金は、12万5千円です。

 

お申し込みから、講座開始までの流れ

 

まず、お申し込みボタンよりフォーム画面へ進み、講座へお申し込みいただきます。
フォームへの入力の際、講座の開催地として、ご希望の地域(都道府県)の候補を複数を挙げていただきます。
初めから会場を、ひとつに絞り込まない理由は、他の受講生と同じ地域で学べるようであれば、そのように調整させていただくためです。
そしてフォームへの送信後、土日を除く3日以内に、お支払いの手続きをしていただきます(お支払い方法は、3種類からお選びいただけます)。
その後、お電話やZoomなどで、連絡を取り合いながら、講座の日程を決めます
その際、スケジュールの調整、テキストの準備、飛行機や交通関係のチケット取得などの都合上、ある程度、開始日にゆとりを持たせていただくことがあります。
また、日程はお申し込み日から、半年以内の日程とさせていただきます。
あらかじめご了承願います。

 

お支払い方法

 

お支払い方法は、次の3つからお選びいただけます。

 

1)銀行振込 による 一括払い。

銀行振込につきましては、お申し込み後、メールにて金融機関の口座をお知らせしますので、そちらへ土日祝日を除く3日間以内に、お振り込みください。

 

2)PayPal(クレジットカード)によるお支払い(後から 分割払いに変更可能

クレジットカードをお持ちの方は、PayPalでのお支払いが便利です。
PayPalは、会員登録されていない方でも、お支払い手続きができます。
またこちらは、お申し込み後、すぐにWeb上にてお支払い手続きかできます。
お支払い手続きは、一括払いとなりますが、分割払いをご希望の方は、お支払い手続き後、ご契約のクレジットカード会社へ電話連絡していただき、分割払いに変更していただくことで可能です。

 

3)銀行引き落とし による 分割払い

クレジットカードをお持ちでない方でも、銀行自動引き落としでの分割払いをご利用いただけます。
こちらは、 お申し込み後、まず初めにWeb上にて分割払いのお手続きをしていただきます。
その後、メールに記載されている 金融機関へ、頭金の7万円をお支払いください(お申し込みから、土日祝日を除く3日以内)。
尚、分割払いは、分割払いの手数料が掛かりますので、あらかじめご了承願います。

 

講座の日程、講座の進め方

 

講座の日程につきましては、お申し込み後に、相談させていただきます。
そのため日程が合わず受講できないといった問題が発生しません。
また、講座の進め方としては、合計3日間の内、
前半1日は、Zoomのビデオチャットにて学んでいただきます。
後半2日間は、会場にて学んでいただきます。

さらに、後半2日間につきましては、原則、連続での2日間となります。

 

日程の変更について

 

講座受講中、日程の都合が合わなくなった場合につきましては、なるべく調整させていただきます。
前半1日のZoomでの受講につきましては、比較的、他の日程への変更はしやすいため、ほぼ問題ありません。
後半2日間の会場での受講につきましては、なるべく日程を変更さていただきたく思いますが、交通チケットの都合や、他の受講生との兼ね合いから、新たに、同じ会場への日程を組むことのが難しくなることがあります。
その場合、いくつか候補が挙げられます。

 

1)交通費、宿泊費、会場費などをご負担いただき、新たに日程を決めていただく
  ことで、ご指定の地域(あるいは同じ会場)にて受講していただく。
2)他の会場での開催日程があり、日程に問題がないようでしたら、そちらで受講
  していただく。
3)新たな日程を決めていただき、神奈川県横須賀市のスズキケンジのセッション
  ルームにて、受講していただく。

 

いずれも、お申し込み日から半年以内となりますので、あらかじめご了承願います。

 

キャンセル時の扱い

 

当講座は、お申し込み時から、会場の手配や交通チケット等の手配が始まります。
そのため、一定のキャンセル料をいただいております。あらかじめご了承願います。
お支払いのお手続き後から、講座初日から数えて8日前までは、費用の50%がキャンセル料として掛かります。
講座初日から数えて7日前から講座の前日までは、費用の80%がキャンセル料として掛かります。
講座初回日以降は、費用の100%がキャンセル料として掛かります。

 

講座修了後のサポート

 

講座修了後のサポートは、Zoomにて月1回、無料にて補講が行われます
その際、メソッドの新たな変更点などありましたら、そのときにお伝えします。
また補講は、単に学ぶ場ではなく、皆様との交流の場になればと想っております。
例えば、ひとりひとりのソウルアドバイザーの紹介や、ソウルアドバイザーとどのような対話があったかといった話題が考えられます。
いずれも、希望された方のみ発言されればよいものですので、聞く側に徹することも、もちろん大丈夫です。

 

私が地方へ出向いた際に行いたいこと

 

現在、日本各地の過疎化が進んでいます。
また、人々のコミュニケーションが薄れています。
そのような中、日本各地に、そのような状態を解決するために、
コミュニティカフェなどの、コミュニティーが増えています。
それは、とても素晴らしい傾向です。同時に、その運営の苦労も聞きます。
そのため、私は少しでも役立てればという気持ちがあり、そのための具体的な活動もしています。
そのひとつの活動として、例えば、埼玉県埼玉県朝霞市大字浜崎669-1の産業文化センター内にある、コミュニティカフェCOZYさんとの協力で、
【預言カフェ】の【預言スタッフ】として、当講座修了生を派遣する話 や、
コミュニティカフェのポータルサイト作成 の計画が進んでいます。

 

コミュニティカフェ COZY

 

そのようなことから、私が地方へ出向いた際は、積極的にその地域のコミュニティカフェへご挨拶させていただきたいと思っております。
まずは、直接足を運ぶことが大切だと思うからです。

そしてこれらの活動は今後、心の学びやスピリチュアルの学びを、底辺から浸透させていくことに繋がると思っております。

 

よくあるご質問

 

Q.なぜ心理学や脳科学的な説明が必要なのですか?

 

A.信じる必要性を、無くすためです。
抽象的な世界は、信じるか信じないかという問いがつきものです。
ですが、うまくいく原理を知ることで、信じる必要性がなくなります。
また、その説明は、中途半端ではありません。そしてなおかつ、分かりやすい説明です。

 

Q.それではなぜ、宗教学やスピリチュアルの視点からも解説するのですか?

 

A.その方が、だんぜん学びの奥行きが出て、面白くなるからです。
まず、どちらの視点から見ても、矛盾のない領域があることは、数多く存在します。
こんなに面白いことを、ほっとくのは大変もったいないことです。
全く異なる分野に共通点がある。そのような学び方は、単なる暗記とは異なり、学びが深まり、そして、学びそのものの楽しさを実感していただけることでしょう。

 

Q.本物の神様である証拠は、どこにありますか?

 

A.このメソッドによって、神様が本物であるかどうかの証明は、残念なができません。
またそれは、このメソッドのみならず、あらゆる宗教、スピリチュアルも同じく、証明することは不可能です。
ですがここで大切なのは、神様が本物であるかどうかではありません。
大切なのは、ソウルアドバイザーからのアドバイスが、あなたの人生に役立っているかどうかです。その一点につきます。
ちなみに、心理学では、神様のような存在が内面に現れるものを、副人格と表現します。

 

Q.神様、魂、ソウルアドバイザーの区別がつきません。

 

A.定義は人によって差がありますので、ここでは私の考え方をお伝えします。
魂とは部分化された神だと思っていただくと良いでしょう。
そして、神様からの意思を伝える存在でもあります。
ですが、それはあくまでも、神様と魂の交流があった場合です。
そして、そのような状態の魂を、ソウルアドバイザーと呼んでいます。
また、メソッド総称としても、ソウルアドバイザーという言葉を用いています。
このソウルアドバイザーという名は、スズキケンジが名付けたものです。

 

Q.自分にできるかどうか不安なのですが……。

 

A.心理学では、もうひとりの自分と対話することを、内的対話といいます。
人は、内的対話を日に、数万回行っていると言われています。ですので、内的対話そのものは、やっていない人は存在しないと思っていただいて良いです。
但し、そのほとんどが、無意識レベルで自然に行われているため、内的対話をしたという自覚がない方はいらっしゃいます。そのようなことから、当講座では、内的対話を自覚できるようカリキュラムを組んでいます。
また仮に、受講の時にうまくいかなかったとしても、毎月のZoomでの無料補講にて練習できますので、練習を積み重ねることで精度を上げていくことができます。

 

 

ソウルアドバイザー
トレーナー養成講座

 

【ソウルアドバイザー・トレーナー養成講座】は、ソウルアドバイザー・プラクティショナー講座を受講していただいた方が、受講していただける講座です。
当講座の認定証を得た方は、ソウルアドバイザー・プラクティショナー講座を開催していただけます。

ソウルアドバイザーのメソッドを愛し、そして、広めたいという気持ちお持ちの方に、ぜひ受けていただきたい講座です。
【トレーナー養成講座】について、ぜひ詳しい情報をお受け取りください。
詳しい内容は、この下の紫色の枠内をクリックしてただくことで、表示されます。

【トレーナー講座】についての詳細は、こちらをクリックしてご覧ください。

 

得られるスキル及び、メリット

 

当講座は、ソウルアドバイザーのトレーナーとして、プラクティショナーを育成するための、ノウハウを全てお伝えします。
つまり、プラクティショナー講座を開くための講師を育成するとための講座なのです。
トレーナー養成講座は、あなたにさまざまなメリットが得られます。

 

トレーナーになることのメリット

 

1)自ら講座を開催することができるため、それを仕事にすることができる。

「大好きなことで収入を得たい」
これは、多くの人が望むことのひとつであり、ごく自然な欲求です。
また、講師になる際、多くの人が注目する点は、これかと思います。
トレーナー養成講座の認定を受けることで、プラクティショナー養成講座を開催できるようなります。
そのため、収入面での魅力は、十分にあります。
また、ビジネス未経験者は、ビジネスの成功体験が何よりも大切です。
成功体験こそが、次への活力へと繋がるからです。
安定した収入は、本当に好きなことへ意識を集中させるためにも必要なことです。
また、お金との付き合い方は、多くの人が重要なテーマとなることのひとつです。

 

2)人として成長することができる。

講師は、実にさまざまな経験ができます。
相手が理解できるよう伝えることはもちろんのこと、相手の幸福を願ってこそできるものだからです。
信頼関係とは、そういうところから生まれるものだと思っております。
ぜひ、講師という活動を通じて、精神的にも成長していただければと思います。

 

3)教えることは、最大の学びとなる。

情報は、アウトプットすることで、脳の記憶として深く定着します。
つまり、教えることは最大の学びになるということなのです。
教えている講師が最大の学びになり、それで収入まで得られるのですから、教えることのメリットはとても大きいと言えます。

 

4)トレーナーだけに伝授されるメソッドが学べる

ソウルアドバイザーのメソッドには、トレーナーだけに伝授されるものがあります。
A.相談者のソウルアドバイザーをリーディングする
B.複数のソウルアドバイザーと対話する

いずれも、トレーナーだけに伝授されるものです(Zoomでの補講の対象にはなりません)。

 

5)トレーナーは、自分自身に対して再アチューメントできる

【魂を成長させるためのアチューメント】は、トレーナーによるプラクティショナー養成講座開催時、及び、プラクティショナー認定者に対しての再アチューメントのときに用いられるものです。
そしてさらに、それに加え、トレーナーは、自分自身に対して、【魂を成長させるためのワーク】を行うことができます。
但し基本、再アチューメントの必要性はほとんどありません。
再アチューメントは、ソウルアドバイザーのデザインや名前を忘れてしまったようなときに有効となります。

 

講座の日数は4日間です。

 

【ソウルアドバイザー・トレーナー養成講座】の日数は、合計4日間です。
前半2日間後半2日間という構成で、
1回(1日)あたりの受講時間は、5時間となっております。

但し、終了時間につきましては、多少前後する可能性もありますので、あらかじめご了承願います。
また、トレーナー養成講座の受講は、プラクティショナー養成講座修了後から最低でも1ヶ月間の期間を空けていただきます。
そしてその間、簡単なレポートを提出していただきます。

理由は、ある程度、ソウルアドバイザーのメソッドを、しっかり扱えるようになっていただいた上で、受講していただくためです。

 

学びたい地域をお選びいただけます。

 

セミナー会場といえば、通常、【東京】または【大阪】です。
その方が、主催者側にとって集客がやりやすいからです。
ですが私は、あえてそのスタンスをとりません。
理由は、心の学び、スピリチュアルの学びを、もっと日本中に広めたいという想いが、私の中にあるからです。
そのため、ある程度自由に地域をお選びいただけますよう、配慮させていただきます。
もちろん、そのための交通費などの請求は一切はありません。

 

受講料金

 

講座の受講料金は、25万5千円です。

 

お申し込みから、講座開始までの流れ

 

まず、お申し込みボタンよりフォーム画面へ進み、講座へお申し込みいただきます。
フォームへの入力の際、講座の開催地として、ご希望の地域(都道府県)の候補を複数を挙げていただきます。
初めから会場を、ひとつに絞り込まない理由は、他の受講生と同じ地域で学べるようであれば、そのように調整させていただくためです。
そしてフォームへの送信後、土日を除く3日以内に、お支払いの手続きをしていただきます(お支払い方法は、3種類からお選びいただけます)。
その後、お電話やZoomなどで、連絡を取り合いながら、講座の日程を決めます
その際、スケジュールの調整、テキストの準備、飛行機や交通関係のチケット取得などの都合上、ある程度、開始日にゆとりを持たせていただくことがあります。
また、日程はお申し込み日から、半年以内の日程とさせていただきます。
あらかじめご了承願います。

 

お支払い方法

 

お支払い方法は、次の3つからお選びいただけます。

 

1)銀行振込 による 一括払い。

銀行振込につきましては、お申し込み後、メールにて金融機関の口座をお知らせしますので、そちらへ土日祝日を除く3日間以内に、お振り込みください。

 

2)PayPal(クレジットカード)によるお支払い(後から 分割払いに変更可能

クレジットカードをお持ちの方は、PayPalでのお支払いが便利です。
PayPalは、会員登録されていない方でも、お支払い手続きができます。
またこちらは、お申し込み後、すぐにWeb上にてお支払い手続きかできます。
お支払い手続きは、一括払いとなりますが、分割払いをご希望の方は、お支払い手続き後、ご契約のクレジットカード会社へ電話連絡していただき、分割払いに変更していただくことで可能です。

 

3)銀行引き落とし による 分割払い

クレジットカードをお持ちでない方でも、銀行自動引き落としでの分割払いをご利用いただけます。
こちらは、 お申し込み後、まず初めにWeb上にて分割払いのお手続きをしていただきます。
その後、メールに記載されている 金融機関へ、頭金の7万円をお支払いください(お申し込みから、土日祝日を除く3日以内)。
尚、分割払いは、分割払いの手数料が掛かりますので、あらかじめご了承願います。

 

講座の日程、講座の進め方

 

講座の日程につきましては、お申し込み後に、相談させていただきます。
そのため日程が合わず受講できないといった問題が発生しません。
また、講座の進め方としては、合計4日間の内、
前半2日間は、Zoomのビデオチャットにて学んでいただきます。
後半2日間は、も同じく会場にて学んでいただきます。

さらに、前半2日間、後半2日間共に、原則、連続での2日間となります。

 

日程の変更について

 

講座受講中、日程の都合が合わなくなった場合につきましては、なるべく調整させていただきます。
前半2日間のZoomでの受講につきましては、比較的、他の日程への変更はしやすいため、ほぼ問題ありません。
後半2日間の会場での受講につきましては、なるべく日程を変更さていただきたく思いますが、交通チケットの都合や、他の受講生との兼ね合いから、新たに、同じ会場への日程を組むことのが難しくなることがあります。その場合、いくつか候補が挙げられます。

 

1)交通費、宿泊費、会場費などをご負担いただき、新たに日程を決めていただく
  ことで、ご指定の地域(あるいは、同じ会場)にて受講していただく。
2)他の会場での開催日程があり、日程に問題がないようでしたら、そちらで受講
  していただく。
3)新たな日程を決めていただき、神奈川県横須賀市のスズキケンジのセッション
  ルームにて、受講していただく。

 

いずれも、お申し込み日から半年以内となりますので、あらかじめご了承願います。

 

キャンセル時の扱い

 

当講座は、お申し込み時から、会場の手配や交通チケット等の手配が始まります。
そのため、一定のキャンセル料をいただいております。あらかじめご了承願います。
お支払いのお手続き後から、講座初日から数えて8日前までは、費用の50%がキャンセル料として掛かります。
講座初日から数えて7日前から講座の前日までは、費用の80%がキャンセル料として掛かります。
講座初回日以降は、費用の100%がキャンセル料として掛かります。

 

サポートその1 メソッドの補講、及び、最新テキスト等のご利用

 

認定講師は、ソウルアドバイザーのメソッドの補講だけでなく、
最新のテキストをダウンロードしていただけます。
また、認定講師が用いる解説動画も、常に最新のものをご利用いただけます。
尚、これらは全て、無料にてご利用いただけます。
また、ホームページにて、認定講師として紹介させていただきます。

 

サポートその2 ビジネスとして成立させる

 

ソウルアドバイザー・トレーナー講師として認定された後は、ビジネス展開をお考えの方も多いかと思います。
そしてそのために、必要となってくるのは、コンサルティングです。

そして、その点につきましても、サポート体制が整っております。

 

月1回のZoomによるグループ・コンサルティング(月会費1万円/最低3ヶ月間から)

 

また、起業する上で大切なのは、お金の稼ぎ方を学ぶことだけではありません。
どのような動機があるのか。また、人生の中で何を大切にしているのかといった要素もとても大切です。
そうした中、私自身は、カウンセラーでもありますので、あなたが人生で何を大切にしているのかといったことを、あなたの心の内面から引き出すことを得意としています。
これが不明なままに起業すると、途中でやる気を失ったり、お金を稼いでも幸福感が得られにくくなってしまいます。
ですから、あなたの人生を、よりよいものとするためにも、コンサルを受けていただくことは、とても有効です。

 

よくあるご質問

 

Q.なぜ心理学や脳科学的な説明が必要なのですか?

 

A.信じる必要性を、無くすためです。
抽象的な世界は、信じるか信じないかという問いがつきものです。
ですが、うまくいく原理を知ることで、信じる必要性がなくなります。
また、その説明は、中途半端ではありません。そしてなおかつ、分かりやすい説明です。

 

Q.それではなぜ、宗教学やスピリチュアルの視点からも解説するのですか?

 

A.その方が、だんぜん学びの奥行きが出て、面白くなるからです。
まず、どちらの視点から見ても、矛盾のない領域があることは、数多く存在します。
こんなに面白いことを、ほっとくのは大変もったいないことです。
全く異なる分野に共通点がある。そのような学び方は、単なる暗記とは異なり、学びが深まり、そして、学びそのものの楽しさを実感していただけることでしょう。

 

Q.本物の神様である証拠は、どこにありますか?

 

A.このメソッドによって、神様が本物であるかどうかの証明は、残念なができません。
またそれは、このメソッドのみならず、あらゆる宗教、スピリチュアルも同じく、証明することは不可能です。
ですがここで大切なのは、神様が本物であるかどうかではありません。
大切なのは、ソウルアドバイザーからのアドバイスが、あなたの人生に役立っているかどうかです。その一点につきます。
ちなみに、心理学では、神様のような存在が内面に現れるものを、副人格と表現します。

 

Q.神様、魂、ソウルアドバイザーの区別がつきません。

 

A.定義は人によって差がありますので、ここでは私の考え方をお伝えします。
魂とは部分化された神だと思っていただくと良いでしょう。
そして、神様からの意思を伝える存在でもあります。
ですが、それはあくまでも、神様と魂の交流があった場合です。
そして、そのような状態の魂を、ソウルアドバイザーと呼んでいます。
また、メソッド総称としても、ソウルアドバイザーという言葉を用いています。
このソウルアドバイザーという名は、スズキケンジが名付けたものです。

 

Q.講師として教える自信がありません。

 

A.完璧を目指す必要性はありません。また、そのためのサポートも万全です。 講師というと、立派に振る舞わなければならないというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
もちろん、ある程度の責任感は必要ですが、過剰なまでに構える必要はありません。
まず、講師として何を話す必要があるのかということについては、動画にて解説します。
また、それを全て覚える必要はありません。所々、その動画そのものを活用して解説していただいても結構です。
配分的には、あらかじめ用意させていただいた動画を、講座全体の時間の半分以下に抑えていただければ、有効に活用していただいて結構です。
また、教えた後の受講生へのサポートとして、Zoomでの無料補講も用意されていますので、そういった面でのサポートも万全です。
なぜここまで、徹底的なサポートをしているのかと申しますと、知識の偏りをなくすためです。
これは、スピリチュアルという抽象的な学びを、論理的に理解していただくために、重要なことであると認識しています。

 

 

まずは、お問い合わせください。

 

まずは、お問い合わせください

ソウルアドバイザーの講座は、受講前に疑問点など解消していただいた上で、受講していただいております。
ですので、大変お手数ですが、まずはお問い合わせいただいております。

 

また、お問い合わせいただくことで、あなたにとっての
ソウルアドバイザーの使い道(目的)も見えてきます。
ソウルアドバイザーのメソッドは、さまざまな応用が利きます。
その分、ひとりひとりの目的(動機)を明確にした方が、より有効に活用できるのです。

 

・人間関係を改善したい(恋愛、家族関係など)。
・恋人と両想いになりたい。
・自分自身を受け入れたい。
・精神面で安定したい。
・高次の存在との付き合い方を知りたい。
・成長したい(精神的成長、才能を見いだすなど)
・精神世界のことをもっと知りたい。
・生活や仕事の中で、アイデアやヒントを得たい。
・人の愛し方、人からの愛され方を知りたい。
・社会への関わり合い方を知りたい。

・etc…

 

人が行動するとき、目的意識(動機)があなた自分にとって魅力的であるかどうかが、大きく影響します。
そのため、『しなければならないこと』の多くは行動することが難しく、『やりたいこと』の多くが行動しやすいのです。
また、初めて体験することの多くは、かなり『やりたいこと』であったとしても、同じくらい『失敗(損)したくない』という気持ちもつきものです。
そのため多くの人は、『心からやりたい』という気持ちと、『失敗(損)したくない』という気持ちが、心の中で行ったり来たりします。
だからこそ、まずは疑問や不安を、まずは解消していただければと思います。
あなたからの【お問い合わせ】、お待ちしてます。

 

お手数ですが、まずはこちらから
お問い合わせください

 

 

ソウルアドバイザーとの対話例

----- 愛について

 

SA「『愛をベースに生きなさい』と、説く人がいる。
   愛は、魂から生じる欲求である。
   これだけ聞くと、愛を前面に出すよう勧めていると感じるかもしれないが、
   そうとは限らない。
   音楽にもベースがあるね。
   あのベースは、前面に出ているだろうか?
   むしろ目立たない存在と言える。
   だけれど、もしベース抜きにするとどうなると思う?
   聴けばわかるが、かなり間抜けな音楽となる」

 

SA「つまり、ベースとは、前面にでるどころか、むしろ、縁の下の力持ちなんだよ。
   そして、愛も同じ。
   常に前面にでるものではなく、むしろ、愛は縁の下の力持ちといえる」

 

SA「愛がない行いに、なにか虚しさを感じたことはないだろうか?
   同じ行為でも、そのような違いが生じるものだよ。
   だからこそ、人は愛を求める。
   それは、愛がそこにあることで、その行いに深みが生じるからだ。
   つまり本来、愛と他の欲求から生じる行いは、音楽の和音のように奏でると
   深みがでるということだよ」

 

SA「地位やお金の欲求。
   人と上手に付き合いたいという欲求。
   これら自我の欲求と、魂の欲求である愛と成長の欲求。
   食欲や性欲。
   これら身体的欲求と、魂の欲求である愛と成長。
   あるいは、それら全ての欲求。
   こららが、和音のように奏でると、そこに深みがでる」

 

SA「特に女性はそれに敏感だね。
   愛のあるセックスを求めるのは、女性の方が比率が高い。
   もちろん、男性がそうでないとは言わない。
   だが、風俗業界が成り立つのは、男性がそれぞれの欲求を別々に扱えるからだ」

 

SA「仕事に親近感を求めるのも女性の比率が高い。
   一方男性は、稼ぐことに親近感を求めないことが多い。
   つまり男性は、身体の欲求、自我の欲求、魂の欲求を別々に取り扱おうとする
   傾向がある。
   どちらがよいわるいということはない。
   だけれども、どちらが美しさや深みがあるのかには、違いがでる」

 

SA「和音は複雑だ。それぞれのパートにズレが生じたら台無しとなる。
   だから当然のこと、欲求を同時に扱おうとして失敗するケースも多々ある。
   だが、それぞれのパートが、美しく同調したときはどうだろうか。
   もはや、単音では物足りなくなるだろう」

 

SA「私が伝えたいのは、必ずしも、それぞれの欲求が、対立関係になるとは
   限らないということだよ。
   それぞれの欲求が、和音のように同調すれば、それはとても深みが増して、
   美しいものとなる。
   そうなる前に、諦めてしまえば別だが。
   多くの場合、諦めて、どれかだけを選択しようとするね。
   そして、どこまで探求するかは、その人次第となる」

 

----- 感情と魂の関係について

 

SA「例えば、『許せない』という感情がある。
   もしそれが、魂である私からのシグナルによるものであれば、
   魂である私は、『許せない』という感情があらわれる前に、
   『何らかしらの症状』という形でシグナルを出す。
   それは、身体の症状で出ることもあれば、いろいろである」

 

SA「感情の中には、私からあなた方に伝えるシグナルから生まれるものもあるけれど、
   魂である私そのものが感情なわけではない。
   ときに魂が伝えたいことを、シグナルを通じて伝えて、
   それが感情としてあらわれることもあるということなんだ」

 

SA「『許せない!』
   これは、今のあなたが感じている。
   この感情は、あなた自身の解釈から生まれるものもあれば、
   魂である私から送られるシグナルによって生まれるものもある』
   『何だか分からないけれど、ふつふつとわき上がってくる』
   『何だか分からないけれど、もやもやした感覚がある』
   全てとは言わないが、こうした感覚があるのであれば、
   私からのシグナルである可能性がある。
   その後に生まれる感情は、あなたが感じている。
   これで、なんとなくわかったかな?」

 

自分「では、喜びという感情も、あなたからのものではないのですか?」

 

SA「魂である私からシグナルを送ることもあるけれど、そうでないこともある。
   いずれにしても、感じているのはあなた自身という自覚はあるんじゃないかな?
   ちなみに、強烈な感情に翻弄されている状態(生活)は、
   魂である私との関係に弊害をもらたすことが多々ある」

 

SA「激しい快楽への翻弄
   激しい恨みへの翻弄」

 

SA「なぜなら、あなたの意識が、そこへ行ったきりになってしまうからだ。
   感情は大切なツールではあるが、感情そのものがゴールではないんだよ。
   大切なのは、その裏に隠された目的を知ることだよ。
   翻弄されているときの多くは、感情を出したり、感情を得ることが
   目的になってしまっている。
   そういうことを勧める場もあるね。あれはとても危険だよ」

 

SA「だが、この翻弄から脱するのは簡単なようで、とても難しい。
   なぜなら、翻弄されてしまっているから。
   そして、自分では制御できないような感情に翻弄されたときに役立つのが、
   あなたが専門とするカウンセリングなんだよ。
   そこまで翻弄されているものは、自分自身で何とかしようにも難しいからね。
   ほんの少しの翻弄であるならば、自分自身でも対応できるけどね」

 

SA「それと、魂である私からシグナルの中で、多くの人にとって望ましいと感じる
   ものがある。
   あなた方のなじみのある言葉では、情熱という言葉が近いかもしれない。
   これは、恋焦がれるような情熱とは違う(恋がよくないという意味ではないよ)。
   何かの感情が沸き上がっているというよりも、意識が目の前のことと一体化して
   いるかのような状態だね。
   この状態では、人は驚くほどのアイデアや行動力が生まれる。
   心理学ではフロー状態とか、ゾーンとか、そういった表現がされるね。
   そしてこの、魂である私からのシグナルによる情熱を、内発的動機という表現を
   することもある」

 

SA「では、この状態さえあればベストなのかと言えば、必ずしもそうではない。
   普段の生活そのものに弊害を起こしかねないからだ。
   だから、ここのバランス感覚がとても大切なんだよ。
   例えば、食べるものも食べずに熱中するのは、明らかに身体によくないことは
   わかるだろう」

 

----- 自己嫌悪について

 

自分「今日は、自分自身に対して、腹立たしい気持ちです」

 

SA「自己嫌悪は、自分に厳しくなる分、同じことで他者に優しく接することが
   難しくなるからよくない。
   それならば、そのエネルギーを私にぶつけて、愛やクリエイティブなエネルギーに
   変換して、再度私(神)から受け取りなさい」

 

SA「あなたが、あなた自身を赦せなくても、私があなたを赦せば、
   自分を赦せるようになる」

 

自分「そういうメソッドはありがたいのですが……、
   そもそも、自己嫌悪に陥るような、出来事の方を変えるわけには
   いけないのですか?
   できれば、こんな出来事には遭遇したくないんです」

 

SA「そんなことをしたら、あなたの人生の大切な機会を奪ってしまう。
   私が興味があるのは、さまざまな出来事の中で、
   あなたがどのような自分になりたいか、どのような自分を表現したいのかだよ。
   それが、あなた自身の進化に結びつくのだから」

 

----- 『頑張らない』ことについて

 

自分「最近は、『頑張らない方がいい』という言葉に
   共感する人が増えているような気がします。
   それについて、どう思いますか?」

 

SA「最近は、『頑張らない』ことが良しとされてきているとしたら、
   これはとても良い傾向だね。
   頑張れば頑張るほど、私からのメッセージ、シグナルが受け取れなくなるから」

 

自分「でも、私は、それを素直に受け取れません。
   『頑張らない方がいい』というと、
   『何もしない方がいい』と解釈する人が、結構多いからです」

 

SA「確かに、そういう解釈になりがちなことは否定できない。
   それでも、頑張らないことで得られるものは多いよ」

 

自分「何もしない方が得られるものが多いということですか?」

 

SA「そうではない。気合いを入れない方がいいという意味だよ。
   頑張ると、私からのメッセージやシグナルが受け取りにくくなるということだよ。
   それは、あなた自身、経験していることではないか?」

 

自分「確かに、そういう面は多々あります。
   あなたからのインスピレーションが来ないなと思っているときって、
   大抵、頑張っているような気がします」

 

SA「それと、一旦立ち止まることで、見えてくるものもある。
   それに、本当に休んだ方がいい人だっている」

 

SA「それでもあなたが言いたいことは、よくわかる。
   ここであなたが伝えたいのは、休まないでもよさそうな人の方が、
   その言葉に反応して、休んでばかりになりがちだということだね。
   そして実際に、それはその通りだね」

 

自分「そうです。まさにそれです!」

 

SA「そういう意味では、言葉というものは、やっかいな面があるね。
   その人にとって、欲しい側面だけで解釈されがちだからね。
   そして、その人にとって欲しい価値観で受け入れがちだからね」

 

SA「難しいのは、欲しい解釈、欲しい価値観というのが、
   その人にとって役立つとは限らないということだね。
   むしろ、役立つ形になっていることの方が少ない」

 

自分「では、『頑張らない方がいい』というのは、
   正しくもあり、間違っているとも言えるということなんですね」

 

SA「正しい・間違っているという表現より、
   その人のためなるかどうかという視点から、
   目的に沿う・沿わないと表現した方がいいかもしれない」

 

SA「ひとつの目安として、本当に役立つ解釈ができているかどうかが、
   その人の魂の成長の度合いと言える面もある」

 

自分「私は、そのことについて、長年『どうしたものか…』と悩んできました。
   本当に、必要なことほど、本当に必要な人へ届きにくいからです」

 

SA「あなたがその悩みに、真剣に取り組んでいたことはよく知ってるよ。
   そしてこれは別に、言葉の解釈だけではない。
   セックスなど、性行為。結婚について。私(魂や神)との関係などなど。
   それぞれ、一人一人、解釈や価値観が異なることは当たり前だね。
   そして、それぞれの解釈、価値観を通じて、
   『魂の現在地』、『魂の成長度合い』が見えてくる」

 

SA「そこで、あなたと私が開発したメソッドの意義が出てくる。
   あなたと私が解決したメソッドは、そこに大きな可能性を秘めている。
   『まずは、魂を成長させる』
   この意義は、とても大きいと言える。
   なぜなら、魂の成長度合いは、それがそのまま
   どのような解釈や価値観を持つのかに影響するから」

 

まずは、お問い合わせください。

 

まずは、お問い合わせください

ソウルアドバイザーの講座は、受講前に疑問点など解消していただいた上で、受講していただいております。
ですので、大変お手数ですが、まずはお問い合わせいただいております。

 

また、お問い合わせいただくことで、あなたにとっての
ソウルアドバイザーの使い道(目的)も見えてきます。
ソウルアドバイザーのメソッドは、さまざまな応用が利きます。
その分、ひとりひとりの目的(動機)を明確にした方が、より有効に活用できるのです。

 

・人間関係を改善したい(恋愛、家族関係など)。
・恋人と両想いになりたい。
・自分自身を受け入れたい。
・精神面で安定したい。
・高次の存在との付き合い方を知りたい。
・成長したい(精神的成長、才能を見いだすなど)
・精神世界のことをもっと知りたい。
・生活や仕事の中で、アイデアやヒントを得たい。
・人の愛し方、人からの愛され方を知りたい。
・社会への関わり合い方を知りたい。

・etc…

 

人が行動するとき、目的意識(動機)があなた自分にとって魅力的であるかどうかが、大きく影響します。
そのため、『しなければならないこと』の多くは行動することが難しく、『やりたいこと』の多くが行動しやすいのです。
また、初めて体験することの多くは、かなり『やりたいこと』であったとしても、同じくらい『失敗(損)したくない』という気持ちもつきものです。
そのため多くの人は、『心からやりたい』という気持ちと、『失敗(損)したくない』という気持ちが、心の中で行ったり来たりします。
だからこそ、まずは疑問や不安を、まずは解消していただければと思います。
あなたからの【お問い合わせ】、お待ちしてます。

 

お手数ですが、まずはこちらから
お問い合わせください

 

講師の紹介スズキケンジ

心理療法家・ヒーラー スズキケンジ

2005年から、心理カウンセラー、ヒーラー、カウンセリングスクール講師、コンサルタントなど、さまざまな活動を行っております。
また、著書ココロの教科書(大和書房)は、海外も含め約5万部のベストセラーとなっております。

 

主な出版物

 

心理カウンセラーの活動としては、ADHDやアスペルガー症候群など、発達障害の当事者や関係者の悩みを数多く受けており、また、カウンセリングスクール講師が実践するカウンセリングということもあり、現役のカウンセラーの方々からも、学びの一環として、私のカウンセリングを受けていただいております。

また、とてもありがたいことに、カウンセラーや起業コンサルタントなどの同業者の方々からは、
「スズキさんのカウンセリングは、カウンセリングの領域を超えている」
「スズキさんのコンサルは、コンサルティングの領域を超えている」という評価を数多くいただいております。

このような私ですが、精神世界についても、当初から研究対象になっていました。
宗教学、スピリチュアルなど、そういった精神世界を、抽象的なものとして終わらせず、なぜそれらが人々の幸福に貢献してきたのか、その仕組みは? あるいは、精神世界に翻弄されてしまう人がいるのはなぜか? そういったことを日々研究してきました。
ソウルアドバイザーとの出会いも、その探究心があったからこそだと思っております。

 

経歴(主なもの)

2005年

前の年に、問題解決セラピスト養成講座 を修了し、ADHDアスペルガー症候群 の方、及び、その関係者の問題解決を目的としたサイトを立ち上げる。これが現在の活動の原点となる。

2008年

ココロの教科書(大和書房)出版。
49000部Amazon総合1位 などの記録を達成する。

2010年

羽生善治棋士と共に、訳300名の講演を行う。
百武正嗣氏より、ゲシュタルト療法のトレーニングコースを修了する。

 

羽生善治棋士との講演会

 

スズキケンジ 羽生善治棋士

 

2014年

矢野惣一監修「問題解決セラピスト養成講座」の講師 を務める。

2015年
悩みはこうして幸福に変わる(大和書房)出版。

 

追伸.これからの日本は、先の見えない時代へと突入します。

そのような時代ですので、リーダーの判断に委ねることが難しくなっています。
それでも人は、リーダーを必要としています。
人は、何かの道しるべが無ければ不安を抱くからです。
そして、その人にとっての本当の道しるべは、ひとりひとりの内面に存在します。
ソウルアドバイザーが、あなたの道しるべになることを願っています。
それが、あなた自身の幸福への道しるべ、そして、あなたの周りの人々への幸福の道しるべになるからです。